fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

肉球そがれ、背中焼かれ…猫の受難相次ぐ /長崎

読売新聞 より

15日午後1時頃、長崎市香焼町の県道で、車を運転していた観光客が、血だらけの雄猫を見つけた。動物病院に連れて行ったが、猫は16日朝に衰弱死した。

病院から通報を受けた長崎県警大浦署は、動物愛護法違反の疑いで調べている。

病院の獣医によると、3~5歳の成獣。体長40~50センチ、体重約4キロで野良猫とみられる。4本の足が全て出血していたため、洗ったところ、全ての肉球がナイフのようなものでそぎ落とされていた。ひげや背中は焼かれ、脚にはひもで縛られたような跡も残っていた。

病院によると、現場付近では、5月、子猫3匹が脚が折られた状態で発見され、7月には、近くの住民の飼い猫が外から戻ってきた際、前脚がナイフで深く切られていたというケースが起こっているという。

関連記事

| 報道 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/259-8b3d2bc1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT