PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

捨てウサギ放置できず…飼い主をネット募集 /静岡

読売新聞 2011年01月13日

 ペットや触れ合えるカフェで人気が高い今年の干支(えと)ウサギ。おとなしくて飼いやすいのに、捨てる無責任な飼い主は後を絶たない

 浜松市でペット用品店「箱うさぎ」を営む伊藤知美さんは飼い主を探す取り組みを10年以上続け、年に約100匹を新たな飼い主に届けている。

 伊藤さんは5匹飼っていた頃に地元ラジオ局で「ウサギ好きの家」と紹介され、自宅前にウサギが捨てられるようになった。店先に置き去りにされるなどし、1人の手に負えなくなった。「捨て置かれた子たちを放っておけない」と1998年にネットで飼い主募集を始めた。

 今では引き取り希望が全国から寄せられ、毎年100匹の落ち着き先を見つける。「飼い主の生活に支障が出るようでは元も子もない。何匹も任せることはしない」と話す。

 それでも、飼い主が見つからないまま死んでいったウサギは数知れない。一部は写真や記録を「月に行きました」とホームページで紹介している。

 「何もできなくてごめんなさい」。書き添えられた言葉に、「不幸なウサギが増えないでほしい」との願いが込められている。



ウサギの世界も同じなんですね。

モラルの無い人が簡単に捨て、モラルの有る人が苦労し苦しみながら救って行く。

どうすれば無責任な飼い主を、責任有る飼い主にする事が出来るのでしょうか?




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

関連記事

| 報道 | 04:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/308-0064eeeb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。