fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ホンシュウジカ 北上山地で急増 北限拡大、食害が深刻化 /岩手

毎日.jp 2010年9月12日

 ホンシュウジカの生息北限とされる岩手県・北上山地で、生息域が急速に拡大している。個体数が爆発的に増加したと見られ、牧草を食い荒らされるなど農業被害も深刻化。耐えかねて耕作放棄した遠野市営笛吹牧場(約90ヘクタール)はシカの群れに占拠された。

 かつては北上山地南部の五葉山がホンシュウジカの生息北限だった。岩手県は、五葉山周辺4市町の生息数を約4000頭(10年3月)と推定するが、地区外の実態は不明だ。地区外の笛吹牧場は食害で収量が激減し06年に牧草作りを中止した。約200キロ北の青森県内でも05年以降、目撃情報が増えている。

 県のシカ保護管理検討委員長、三浦慎悟・早稲田大教授(野生動物学)は「暖冬と少雪、山地開発で冬の餌が増え、冬季の死亡率が著しく低下したため」と分析する。シカの農業被害は北海道(エゾシカ)のほか、長野、京都、三重、兵庫など全国で深刻化している。
関連記事

| 報道 | 05:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/35-26c7d240

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT