PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「ツキノワグマの大量出没の要因と対策を考える」シンポジウム

兵庫県が下記のシンポジウムを開催します。

「ツキノワグマの大量出没の要因と対策を考える」シンポジウム

大量出没の原因は解りきった話なので必要なくて、本当は大量捕殺の要因を聞きたいのですが、
兵庫県がどんな風に考えているのかが解ると思います。

2010年の熊問題に興味がある方、お時間のある方、参加して市民の声を伝えましょう。

■プログラム
1. 出没及び被害の発生状況と対応
 (稲葉一明 森林動物研究センター森林動物専門員)
2. 生息環境と堅果類の豊凶
 (藤木大介 兵庫県立大学講師/森林動物研究センター研究員)
3. 捕獲個体の栄養状態と繁殖状況
 (中村幸子 兵庫県立大学客員研究員/森林動物研究センター協力研究員)
4. 生息動向の推移と個体数推定
 (坂田宏志 兵庫県立大学准教授/森林動物研究センター主任研究員)
5. 行動特性と出没との関係
 (横山真弓 兵庫県立大学准教授/森林動物研究センター主任研究員)
6. パネルディスカッション

開催日時2月27日 13:00-17:00
場所:兵庫県立美術館 ミュージアムホール
主催:兵庫県森林動物研究センター

参加費無料です。参加希望者は、2月18日が申し込み期限です。

参加申し込みはこちらから



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


あなたのブログもランキングに参加してみませんか?


関連記事

| イベント | 07:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/377-ac9208cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。