fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ドキュメンタリー映画:「犬と猫と人間と」 動物愛護、考えて /石川

毎日新聞 2011年02月20日

◇殺処分されるペット、獣医らの奮闘ぶり描写--野々市町・常讃寺、きょう上映会

 1日900匹近く殺処分される犬猫の姿を通して、ペット産業の暗部や、動物愛護に関わる獣医らの奮闘ぶりを描くドキュメンタリー映画「犬と猫と人間と」(1時間58分、09年)が20日、野々市町三納の常讃寺で上映される。県内で環境、動物愛護活動を続ける市民らでつくる上映委が主催。

 飯田基晴(もとはる)監督は、捨て猫の世話をするおばあさんと出会い、突然「動物を大切にする映画をつくって」と頼まれたのが制作のきっかけだった。

 飼いきれず殺処分場に持ち込まれ、順番待ちのおりの中でうつろな目をする犬、営利優先のペットショップ……。小さな命が人間のエゴで生まれ、奪われる。また、ジレンマを感じながら避妊・去勢手術に取り組む獣医や野良猫の世話をしながら長年写真に収める夫婦など「命の消費」に抗する人の姿も描く。

 午後3時から。一般700円、高校・大学生500円、中学生以下無料。午後1時からは、殺処分場などを写した写真展もある。問い合わせは上映委の相川さん(080・5544・7444)。



きっと、心に残るものがあると思います。

是非、ご覧になって下さい。





ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


あなたのブログもランキングに参加してみませんか?


関連記事

| 報道 | 04:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/393-01d7b4c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT