FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

猫の売買するのは、そろそろやめたほうがいい!

サーチナニュース 2011年02月25日

 栃木県の地方紙「下野新聞」(しもつけしんぶん)に、ある動物販売仲介業者の登録を県が取り消したという記事が掲載されていた(2011年2月23日付)。通常、登録取り消しの前には、業務停止命令の処分がくだる。これまで登録を取り消された仲介業者はなく、本件が全国初となる。

 業者の名前は「ペットプレイスベルノア」で、取り消しの理由は動物愛護法違反。同社は、ペット販売に必要な書類の作成をおこたったり、劣悪な環境で飼育した猫をおもにネットで販売していた。いたましい話である。

 店頭やネットで販売されている猫を買い、しっかりと育て、死ぬまでめんどうを見る覚悟をしている飼い主さんもいることであろう。そんな方々には申し訳ないが、金銭を介在させた上で猫をやりとりするのは、そろそろやめにしたほうがいい、と筆者は考えている。

 保健所で多くの猫が殺処分されるのはなぜか。多くの場合、飼育を放棄した心ない飼い主により、捨てられたり、保健所に持ち込まれるからである。ようは、「死ぬまで飼う」という覚悟などせず、安易な気持ちで飼いはじめる人が多いということだ。

 では、なぜ安易な気持ちで猫を飼いはじめる人が多いのか。その大きな理由は、猫が商品化しているからである。極端な話、ぬいぐるみを買うのと同じ感覚で、生き物としての猫を買う。もちろん、「死ぬまで飼う」覚悟など、持たずに買うのであろう。
 そして、猫が商品=貨幣になれば、猫の売買でもうけようという人や業者があらわれるのは必然である。こうして、猫が好きな人がいるから、猫を売る業者いて、猫を買う人がいるから、飼いあきて捨てられたり殺されたりする猫がいる、という悪魔のサイクルが駆動しつづけることになる。


 作家の佐藤優さんは、『「子猫殺し」を語る』(双風舎)のなかで、「猫が商品経済に飲みこまれない」ための対策を提案している。ひとつめは、「猫をやりとりするときに、極力、貨幣を介在させない」こと。ふたつめは、マニュアルどおりに生まれなかった猫が殺されるのを防ぐため、「ブランド猫のやりとりはしない」

 「かわいい!」と衝動的に買って、飼えない状況なのに無理して飼いはじめれば、結果として猫を苦しめることになる。また、自分が飼っているブランド猫の背後では、「商品にならない」と判断された多くのブランド子猫が殺されている。そういう想像力を持つことが、ほんとうの猫好きにいま求められているのではないか。



安易に飼わせない、無計画に生ませない、ブランドに走らない、基本ですよね。

これが定着すれば一般飼い主からの持ち込み処分も、捨て猫も、ブリーダー持ち込み処分も、ブリーダー崩壊も極端に減って殺処分ゼロに限りなく近づくと思います。

現在の飼い主と、これから飼い主になろうとしている人のモラル向上が必要で、ペットショップで購入する人が減れば、生体販売が儲からない図式となり、悪徳ブリーダー達も消えていくでしょう。


この記事に出ている”「子猫殺し」を語る”は下記で販売されています。



「子猫殺し」を語る

「子猫殺し」を語る
著者:坂東真砂子
価格:1,785円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



楽天の方は、立ち読みも出来るみたいです。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


あなたのブログもランキングに参加してみませんか?


関連記事

| 報道 | 07:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/408-1a1f2149

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT