fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気仙沼沖漂う屋根に犬  海保、1時間後に救出

気仙沼沖漂う屋根に犬  海保、1時間後に救出

岩手日報 2011年04月01日

 1日午後4時ごろ、宮城県気仙沼市本吉町の沖合約1・8キロの海上で、漂流していた屋根の上に犬がいるのを、第3管区海上保安本部(横浜)所属の特殊救難隊が見つけ、約1時間後に救出した。

 地元の第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)によると、同救難隊は東日本大震災の行方不明者を捜索するため海上をヘリコプターで飛行中に犬を発見。ヘリコプターから助けようとしたが、犬は海上にあった木材などに飛び移って逃げた。

 隊員3人が救助艇で再度近寄り、最後は救助用の担架に乗ったところを助け出した。

 犬は黒っぽい首輪をつけていたが、飼い主の住所などは書かれていない。海保の巡視船の中でビスケットやソーセージを食べ、おとなしくしているという。



漂流犬、愛護センターが保護 / 3週間飲まず食わず?

佐賀新聞 2011年04月02日

 宮城県気仙沼市沖で1日午後、漂流していたがれきの上から救出された犬が2日、第2管区海上保安本部(塩釜)の巡視艇に乗って、同県塩釜市の塩釜港に到着。元気な様子で、県動物愛護センターの職員に保護された。

 毛布にくるまれ、海上保安官に抱きかかえられた犬は、集まった大勢の報道陣に驚いたのか、周囲をキョロキョロ。船から下りると、安心したのかおしっこをした。

 愛護センター職員によると、中型の雑種で雌とみられ、茶色の首輪をつけていた。東日本大震災が起こった3月11日からずっと漂流していたのかは不明だが、犬は3週間程度なら飲まず食わずでも耐えられるという。

 職員は「心配したが、痩せてはいないし元気。よく助かったと思う。飼い主の元に帰るのが幸せだと思うので、できるだけ帰してあげたい」と話した。

 今後、大震災で保護された他の犬約20匹とともに、愛護センターで飼い主の迎えを待つ。長期間飼い主が現れない場合は譲渡対象となる。



「たかが犬一匹のために」とか「人間の捜索を動物なんかのために中断して」とか言う人もいるかもしれないけど、ヘリからの救助に失敗した段階で見捨てないで、わざわざ救助艇で再度救助を試みてくれた特殊救難隊の方に感謝です。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


あなたのブログもランキングに参加してみませんか?


関連記事

| 報道 | 00:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/456-4ec7e6ee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT