fc2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

救助された漂流犬が飼い主の元へ / 「絶対離さない」

佐賀新聞 2011年04月04日

以前の記事(2011年04月01日)

 宮城県気仙沼市の沖合約1・8キロの海上で漂流していたところを、津波から3週間後に救助された犬が4日、名乗り出た飼い主の元に戻った。飼い主は「これから絶対離さずに、大事に飼う」と喜んでいたという。

 犬は雑種の雌。震災の行方不明者を捜索していた第3管区海上保安本部(横浜)の特殊救難隊のヘリコプターが1日に発見、救助艇で助けた。

 県動物愛護センターで保護されていたが、気仙沼市の避難先でテレビを見た50代男性の家族が「うちの犬じゃないか」と名乗り出た。

 妻が同センターを訪れたところ、犬はしっぽを振って大喜び。センター職員らに見せる態度とは全く異なり、飼い主と判断したという。

 鈴木寿郎同センター所長は「不慮の事故で離れ離れになったペットと飼い主が再会できて、うれしい」と話した。



この記事を見る前に、飼い主さんが見つかったって聞いて驚きました。

混乱している被災地の中でこんなに早く見つかるなんて...

波にさらわれても救助され、保護されたと思ったら飼い主さんと再会、きっとこの子はすごい強運を持っているのでしょう。

よかったね。安心した。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


あなたのブログもランキングに参加してみませんか?


関連記事

| 報道 | 00:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/462-277c3d47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT