PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「救える命、まだある」=原発の町、ペット置き去り―被災者「早急な対策を」☆2

とれまがニュース 2011年04月03

 原発から10キロ圏内の浪江町。仙台市に住む自営業の女性(44)の両親も12日、雄猫「ムク」を残してきた。23歳と高齢で病を抱え、長時間の移動は無理と判断。長くても数日と考え、取る物も取りあえず家を出た。

 女性が浪江町に入ったのは25日。公表される同町の放射線量は原発から約60キロの福島市よりも低く、迷いや恐怖はなかったが、ガソリンの入手に手間取った。

 ムクは居間のじゅうたんの上にいた。いつも昼寝をし、母(65)とおしゃべりしていた「お気に入りの場所」。「生きていて」と祈りながら近づいたが、硬くなっていた。安らかな顔に「眠りながら逝ったのかもしれない」と安心しつつ、「もう少し早ければ間に合ったかも」。後悔も交錯した。

 浪江町にも「思ったより元気」な犬や猫がたくさんいた。「原発の安定時に一時帰宅できないか」との願いが募る中、20キロ圏内の強制立ち入り制限の話が出た。

 住民の思いとペットは置き去りのままだ。



悲しい話...

被災地では、こんな悲しい目にあった動物と飼い主さんがたくさんいるのでしょう。

言葉になりません。
関連記事

| 報道 | 00:13 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

そうです。まだ

12歳の愛猫と暮らしていた老いた両親が、20キロ圏内の自宅に一時帰宅出来たのは避難してから3週間後。
このお話の方のように数日で戻れると思い、2日分の餌しか置いて来なかった と毎日毎日母は悔いて自分を責めていました。
「もうだめだろう。せめて埋めてあげたい。」と覚悟していたそうです。

生きていました。お風呂の水を飲んで。

まだ救える命 きっとあります!


| | 2011/04/06 11:43 | URL | ≫ EDIT

http://chanel_tsx.limos2go.com

ヴィトン コピー 財布|louisvuitton_10q.theflowerpeddlers.com |ヴィトン コピー 財布
chanel コピー http://chanel_tsx.limos2go.com

| chanel コピー | 2014/01/21 19:39 | URL | ≫ EDIT

http://gucci_pmz.innmarketplace.com

グッチ 財布 激安|gucci_u2q.crosscs.com|グッチ 財布 激安
gucci 新作 バッグ http://gucci_pmz.innmarketplace.com

| gucci 新作 バッグ | 2014/01/22 06:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/463-d858cb99

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。