FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[イベント] 小さな命の写真展:「ペットの幸せ」考えて 来月、徳島で170点展示 /徳島

毎日.jp 2011年04月21日

 飼い主に捨てられるペットについて考える「小さな命の写真展」が5月15、16両日、徳島市元町1の市シビックセンターで開かれる。児童文学作家・今西乃子(のりこ)さん(45)のノンフィクション「犬たちをおくる日」に掲載された写真を中心に約170点を展示する。主催者は「ペットがゴミのように捨てられる現状は、私たち人間社会の問題」と強く訴えている。

 「犬たちをおくる日」は、愛媛県動物愛護センター(松山市)に、飼い主に捨てられてやってくるペットを取り上げ、動物の幸せとは何かを問う。写真は今西さんの夫でカメラマンの浜田一男さん(52)が撮影した。

 作品に感動した高松市の動物愛護ボランティア、藤原早苗さん(54)が今西さんらに働き掛け写真展が実現。昨年5月から四国各地で開かれ、県内での開催は初めて。捨てられたり虐待を受けたペットの里親探しに取り組むNPO法人「ハート徳島」が協賛する。

 県動物愛護管理センター(神山町)によると、県内で09年度に殺処分された犬と猫は計4211頭。人口1万人当たりの処分数では全国ワースト4位になるという。

 藤原さんは「ペットを飼う人も飼わない人も、ぜひ見に来てほしい」と訴える。無料。問い合わせは「ハート徳島」の麻(あさ)素子さん(090・9454・2519)。




「犬たちをおくる日」私も購入し読ませて頂きました。すばらしい本でした。

まだ本を読んでいない人は是非写真展に足を運んでみて下さい。

【送料無料】犬たちをおくる日

【送料無料】犬たちをおくる日
価格:1,365円(税込、送料別)





ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


あなたのブログもランキングに参加してみませんか?


関連記事

| イベント | 05:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/491-903b6ce5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT