FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[報道] 首相、一時帰宅「連休明けに」=15歳以上、家畜連れ出し認めず-原発避難住民

時事ドットコム 2011年04月25日

 菅直人首相は25日午後の参院予算委員会で、福島第1原発事故で警戒区域に指定された半径20キロ圏内の住民の一時帰宅について、「(5月の)連休明けからスタートできると見通している」と述べた。民主党の増子輝彦氏への答弁。

 枝野幸男官房長官は警戒区域指定を発表した21日の記者会見で、「できるところから数日中には始めたい」としていた。ただ、25日の会見では「地理、集落のまとまりとか地元の事情を把握してもらわないとなかなかできない」と述べ、関係自治体との調整に時間がかかっていると説明した。

 一時帰宅の対象は約2万6000世帯。政府が25日までに関係自治体に通知した許可基準によると、15歳未満や高齢者は対象とせず、緊急時に備えて責任者は安定ヨウ素剤を携行する。

 警戒区域内の滞在時間は移動を含め5時間程度とし、自宅滞在は2時間が限度。食品や家畜などの持ち出しは禁じる。自家用車やペットについては「別途検討」するとし、今回は認めない。



「できるところから」とか「別途検討」とか、曖昧なことばかり!

動物の問題が命の問題だってことが解ってないんじゃないか?

検討してる間に救うべき命がどんどん消えていく。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


あなたのブログもランキングに参加してみませんか?


関連記事

| 報道 | 19:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

本当ですね。
「別途検討」で今回は認めない・・・って。もう1ヶ月以上取り残されて普通に生きてると思ってるのだろうか?
後でまた・・って神経がわからない。
生きていたってもう本当にぎりぎりの状態なのに。
一時帰宅で家に戻って、衰弱してもまだ生きてる仔を前にして「今回は連れて行けないの。」なんて言える?
生きているペットに会えたら連れてきてください・・となぜ言えない。
連れ出せたペットについては愛護団体と連携とって預かってもらえるようにするとか、いくらでもやり方はあるだろうに。
本当に命がかかっているのにすべてが後手後手でイライラしますね。

| suzu | 2011/04/26 09:34 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

suzu様
コメントありがとうございます。
全くですね。
本当にたくさんの人から「動物たちを助けて!」って言う意見が関係各所に届いているはずなのに、すぐに動き出さないのは何ででしょう?
調査の為の立ち入りに獣医師が同行してケアを行うって言ってたのに、環境省が一転して獣医師や動物救済に関する人の同行を認めないって言ってるそうだし...
どうも役人の上位に居る人達が「動物なんてどうでもいいだろ」って考えているような気がします。
震災前から日本は動物愛護後進国って言われていたのに、今後は動物虐待国って言われるようになるでしょう。
そうならない為にもっと意見を出して行こうと思います。

| ぐーパパ | 2011/04/27 00:12 | URL |

信じられない・・・・こんなことが平気で言える人がこの国を動かしているんですね・・・残念です・・悲しいです。
この人たちにも大切な家族がいるはず・・・
姿は動物でも家族なのに・・・。

今日沢山の方の目に留めていただくよう
「ホストファミリー募集」の手書きチラシを貼っていただけるよう
近所の数店に嘆願してきました。
どの店も快く承諾して下さって自分のことのように
嬉しかったです。
受け入れ体制があるのにどうして移動措置をとらないのでしょう・・・。
日本の政府は措置のとり方が分からないのでしょうか?
  馬鹿ばかりですね。

| kinnnogoma | 2011/04/27 19:04 | URL |

Re: タイトルなし

kinnogoma様

日本の政府は馬鹿ばかりですが、福島県が動きました。
明日の朝から20キロ圏内の動物の保護を開始するそうです。

ただ、「庭先に繋がれて衰弱している動物が対象、屋内には立ち入らず畜産動物は対象外」だそうです。
詳しくは下記の記事をご覧下さい。
 http://www.asahi.com/national/jiji/JJT201104270146.html

どうせ立ち入るなら、団体や個人にも呼びかけして、多人数で出来るだけたくさんの動物を救って欲しいものですが、どうしてこんな中途半端なんでしょうか?

別の記事ですが、28日から5月2日まで保護を続けるらしいので、その期間中には猫も牛も豚も鶏も保護して貰えると願っています。

もっと大規模な保護活動が行えるように、引き続き関係各所へ意見を送り、声を上げて行きたいと思います。

| ぐーパパ | 2011/04/27 23:58 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/499-d54ed56f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT