PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 災害時、ペットも救おう 県と県獣医師会が動物救護協定

asahi.com 2011年04月27日

 高知県と県獣医師会(宮地忠義会長)は25日、大規模災害時に動物を救護する協定を結んだ。

 東日本大震災の被災地では飼い主の被災でペットが放し飼いになったり、ペットフードが行き渡らなかったりしている。県食品・衛生課は「災害時は人命救助が優先されるが、飼い主と動物を間接的に支援したい」と説明。南海地震などの際の臨時保護施設の開設やペットフードの提供、負傷動物の治療や飼い主探しなどについて、県獣医師会と協議。県は今後、被災動物の救護マニュアル作りを急ぐ。

 宮地会長は「今回の大震災では動物の面倒を見られず心を痛める高齢の被災者が多い。ペットは家族の一員。協定で少しでも安心してもらえるようにしたい」と話した。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


あなたのブログもランキングに参加してみませんか?


関連記事

| 報道 | 01:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/501-1a0b0153

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。