FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[報道]

【実施要領】20km圏内のペット保護活動について

たまき雄一郎の挑戦記

明日から、国(環境省)、県(福島県)、民間(緊急災害時動物救援本部)が、三位一体となって行うペット保護活動の実施要領です。

関係者の皆さんのご尽力で、ようやくここまでたどり着きました。本当にありがとうございます。心から感謝申し上げます。

ただ、これからが本番。確実に実施されるようサポートしていかなくてはなりません。民間保護団体の皆さんの協力も必要になってくると思います。よろしくお願い申し上げます。

20km圏内のペット保護活動について

1 目的

警戒区域内への住民の一時立入り(以下「住民立入り」という。)が5月10日から実施されることが確定したため、以前より住民からの強い要望があったペットの連れ出しについて、環境省及び福島県が全面的に協力し、緊急災害時動物救援本部の協力を得て合同で行うものとする。

2 実施内容

住民の一時立入りに伴ってのペットの保護、回収活動について
(1)住民立入りの際に、飼い主が自宅敷地内に保譲、けい留したペットの回収
(2)放置犬等の保護、捕獲による住民生活環境の保全
(3)その他

3 実施方法

国(環境省)と県の職員がチームを組み、予め飼い主が保護、けい留することができた家庭を巡回し、回収車両により順吹回収を行う。

4 実施期間

平成23年5月10日から
原子力災害現地対策本部が行う住民立入りの日程に連動して実施する。

5 実施区域

田村市、南相馬市、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町及び葛尾村

6 実施機関

環境省、福島県
(なお、収容施設における飼育、治療や物資の支援等については、緊急災害時動物救援本部の協力を得て行う。)



福島第1原発:「警戒区域」に残るペットの保護検討

毎日jp

 福島第1原発の事故で立ち入りが規制されている「警戒区域」(半径20キロ圏)内への一時帰宅を10日に実施する福島県川内村と国の原子力災害対策本部が、現地に取り残されたペットの保護を早ければ翌11日から実施する方向で検討していることが分かった。自家用車も14日、所有者が回収する機会を設ける方針。

 川内村では10、12日の2回に分けて一時帰宅が実施される。自宅近くまでバスで往復するが、ペットをバスに乗せることは認めていなかった。しかし住民の要望を受け、国は一時帰宅とは別にペットを保護する機会を設ける方針に転じた。

 住民が一時帰宅した際、犬や猫をおりに入れたり、鎖につないでおけば、その翌日、県や郡山市保健所の職員が域内に入って保護しスクリーニング・除染する。



川内村10日から一時帰宅、犬猫も職員連れ帰る

YOMIURI ONLINE

 東京電力福島第一原子力発電所から20キロ圏内の警戒区域への一時帰宅が10日、福島県川内村で始まる。

 9日は、圏外の中継基地となる村役場隣の村民体育センターで、県や村の職員ら約20人が案内板や防護服の着替えスペースの設置など会場準備に追われた。

 村は10日と12日の2回、一時帰宅を行う。9日午後5時現在、初日の希望者は55世帯95人。住民は10日午前、原発から約22キロ離れた同センターに集合。防護服に着替え、計5台のバスに分乗し、自宅に向かう。警戒区域にいる時間は2時間で、大雨の場合は中止する。

 一方、環境省と県は、住民の要望を受け、同村の警戒区域内に残されたペットの犬と猫の持ち出しを認めることにした。一時帰宅した住民が庭先や玄関前などにつないでおけば、翌11日に職員が保護し、連れ帰る。

 区域外に出る前にペットの放射線被曝(ひばく)量を測定し、基準値を上回れば除染を行う。



環境省、一時帰宅の翌日に、警戒区域内のペット救出へ

サーチナ

 環境省は9日、福島第1原発の警戒区域内にある川内村で住民の一時帰宅が始まることに伴い、取り残された犬や猫などペットの救出活動を行うと発表した。原則として一時帰宅の翌日に救出チームが区域内に入り、ペットを連れ出す方針で、一時帰宅を実施する自治体で今後順次行う。区域内で狂犬病予防法に基づき登録された飼い犬は5千匹以上。既に連れ出されたケースもあるとみられるが、衰弱状態など実態は不明。猫には登録制度がない。同省によると、まず飼い主が一時帰宅し、水や餌を与えた上で、自宅敷地内で鎖などにつないでもらう。飼い主からの要請を受け、環境省と福島県が翌日、回収車でペットを保護。獣医師らが健康状態や放射線量などをチェックし、必要なら除染する。路上を徘徊している犬の捕獲なども同時に行う。



警戒区域のペット回収=避難民の一時帰宅受け―環境省

asahi.com

 環境省は9日、福島第1原発の半径20キロ圏内の警戒区域から避難している住民の一時帰宅が10日から始まるのを受け、区域内に放置されたペットの犬と猫の回収を福島県と協力して行うと発表した。飼い主が回収を希望する場合は、一時帰宅の際にペットを庭先などにつなぎ留めておいてもらえば、県職員らが翌日現地に行って連れ出すという。

 回収したペットは、県の一時収容施設などで保護。獣医師が被ばくの調査をし、必要なら除染を行う。同省によると、犬だけでも警戒区域内で自治体に登録されているペットは5000匹以上いるという。



今度こそ「やったー」でいいですよね!

たくさんの動物たちが救われますように!




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


あなたのブログもランキングに参加してみませんか?


関連記事

| 報道 | 05:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/533-40ca1593

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT