FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

責任持ち動物飼って 愛護週間前に岡山駅前で呼び掛け /岡山

山陽新聞 2010年9月17日

 動物愛護週間(20〜26日)を控え、岡山県と県動物愛護財団は17日、JR岡山駅前で飼い主のマナーアップを訴える街頭キャンペーンを行った。県内では8月下旬に吉備中央町の山中で遺棄された小型犬が見つかり、責任ある飼い方への理解を求めた。

 職員や岡山理科大専門学校動物看護学科生ら約50人が参加し、動物愛護団体メンバーの愛犬6匹とともに「動物愛護についてみんなで考えて」などと通行人に呼び掛け。予防接種や不妊手術、ふんの始末の大切さなどを訴えるちらし約千枚を配った。

 県動物愛護センターによると、県内で2009年度に殺処分された犬や猫は4506匹。同町の捨て犬16匹は1匹が死亡、6匹が新たな飼い主に引き取られている。岡山理科大専門学校動物看護学科1年平田悠樹さん(18)は「ちゃんと覚悟を持って飼い、捨てる人が少しでも減ってほしい」と話していた。
関連記事

| 報道 | 05:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/55-60462984

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT