PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 都職員、原発周辺の犬猫保護へ派遣

産経ニュース 2011年05月20日
http://sankei.jp.msn.com/region/news/110520/tky11052022170007-n1.htm

 東京電力福島第1原発の半径20キロ圏内に設定された警戒区域に置き去りにされた犬と猫を保護するため、東京都は20日、環境省からの要請を受けて、都動物愛護相談センターの職員6人を派遣すると発表した。

 環境省は今月13日付で各都道府県や政令市、中核市に対し、ペット保護のための人員派遣を依頼。他の自治体に先駆けて、都が支援に応じた。同省によると、警戒区域内にいる犬と猫の総数は不明だが、狂犬病の予防接種を受けた犬は約5800匹いるという。

 都福祉保健局によると、職員は21日に福島県に向けて出発。22、23の両日、防護服を身につけて2時間ずつ警戒区域に入る。おりを設置して捕獲するほか、人に慣れていて近づいてくるような犬や猫を保護し、福島県に引き渡す。



環境省が各都市に派遣を依頼した事や、先駆けて都が支援に応じた事は、本当にうれしく思います。

ただやっぱり付いている制限の「2時間ずつ」は本当に必要なのでしょうか?

固定的に2時間と決めず、線量を計測しながら決めてはいけないのでしょうか?

たった2時間では、どんなに保護に長けた人でも、多くの頭数を保護出来ないでしょう。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


あなたのブログもランキングに参加してみませんか?


関連記事

| 報道 | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/555-110db06c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。