FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[転載] 娘の誕生日に思う~「命」が問いかけているモノ

たかむら勉ブログより転載です。
 http://www.takamura-tsutomu.com/

■■■転載、ここから■■■

今日は、娘の一歳の誕生日。

一年前、JKAを「仕分け」したその日に生まれた「命」。娘が我が家に来てちょうど一年。日ごろあまり傍にいられず、なかなか起きている時間に一緒に過ごせないものの、その成長をありがたく、また嬉しく思う節目の一日です。

被災地の家畜、動物問題に向き合って以来、「命」を考える日々が続いています。特に、エム牧場で見た、震災発生後に低線量とはいえ放射能環境の中で生まれたばかりの仔牛の姿が、脳裏から離れません。生命として、この世に生まれた、「命」。こうしている間にも失われつつある「命」から、私たち、動物とともに生きてきた民族の歴史、伝統、文化のみならず、人間の生命観、価値観そのものが問われている気がしてなりません。彼らは今、何か、重要なモノを、現代に生きる私たちに問いかけているのではないか・・・。
ふと、我が家に目を戻してみます。娘の寝顔を見ながら思います。「私たちは、娘たちの世代に、どんなことを教えてあげられるのか?何を伝えていかなくてはならないのか?」「お父ちゃんは娘に、胸をはって言える仕事をしているか?結果を残せているか・・・」、自問しています。

あの牧場の仔牛たちと、娘が、大空と大地の下でのびのびと一緒に遊ぶ姿を夢に見ながら、あきらめない人々とともに、チャレンジを続けたいと思います。明日、大きく動き出します。

「いざ、勝負!」

(24日深夜 たかむら記す)

■■■転載、ここまで■■■



たかむら議員、あなたは動物たちの幸せを願う人達の希望の星です。

あなたや玉木議員がいなければ、もっと多くの動物たちが餓死の道を辿ったでしょうし、
頑張って生き抜いている動物たちを救う手立ても始まらないままだったでしょう。

あなたがこれまで行って来た事を、これから行おうとしている事を、
胸を張って娘さんに伝えて欲しいと思います。

地震と津波は自然災害ですが、
以降の原発問題と政府の対応の悪さは全て人災です。

その人災によって、苦しんだ人がいた事、苦しんだ動物がいた事は、
後世に語り継がれるでしょう。

そのグダグダな政治家の中にも、人を救おうと必死になった政治家さんがいた事、
動物たちを救おうと必死になってた政治家さんがいた事も語り継がれるべきだと思います。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


あなたのブログもランキングに参加してみませんか?


関連記事

| 他サイト転載 | 04:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/579-14afff79

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT