PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 年1000頭以上捕獲…長崎で激増アライグマ

YOMIURI ONLINE 2011年06月01日
 http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20110601-OYT1T00397.htm

 野生化したアライグマが繁殖し、農作物や人の暮らしに被害を及ぼすケースが長崎県内で相次いでいる。

 昨年度は1000頭以上が捕獲され、農作物の被害額も1000万円を超えた。県は近く、被害に苦しむ農家などを対象に、捕獲のための研修会を開き、対策に力を入れる方針だ。

 アライグマは北米大陸原産で体長40~60センチ。タヌキやアナグマと似ているが、眉間の黒い筋や、尾にしま模様があるのが特徴。かつてペットとして輸入されていたが、各地で野生化して畑を荒らしたりするようになり、2005年施行の外来生物法に基づき、輸入や飼育などが禁止された。

 県農政課によると、県内でアライグマが捕獲されるようになったのは00年頃から。03年度に16頭が見つかって以降、年々増加しており、10年度は前年度(323頭)の3倍以上の1015頭が捕獲された。

 捕獲や目撃情報が寄せられるのは県北地域が中心。97年には佐世保市で飼育していたアライグマが逃げ出したとの報告もあり、野生化したペットが急激に繁殖したとみられる。

 また、10年度の農作物の被害額は1100万円で、初めて100万円を超えた04年度から7年間で10倍以上となった。10年度のイノシシによる被害額(4億3600万円)よりは大幅に少ないが、同課は「多くの地域でアライグマとイノシシは生息域が重なっており、アライグマによる被害が見過ごされてきた」と指摘する。

 このほか、アライグマが住宅の屋根裏に住み着き、フンをする被害も確認されているという。

 同課は「まだ被害額は少額にとどまっているが、甘く見ると将来的に大変なことになる」と警鐘を鳴らしている。



他の土地から勝手に連れて来られ、
飽きられたら捨てられ、
それでも生き延びて生態系の一部になったのに、
今度は増えすぎたと捕獲され殺される。

アライグマに罪は無いのに。
それが人間が育てている作物だとアライグマに解るはずがありません。

アライグマはただ生きようとしているだけです。

アライグマに罪を問うのであれば、その前に
他国から輸入した人間
飽きて捨てた人間
を罰して欲しいと思います。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)
1 Click Animalsへ
関連記事

| 報道 | 05:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/588-824ec54f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。