FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[報道] CO2削減で野生ラクダの殺処分を検討、豪州

AFPBB News 2011年06月10日
 http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2805434/7323887?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

 オーストラリアで、二酸化炭素(CO2)削減取り組みの一環として、野生のラクダの殺処分が検討されている

 オーストラリアの野生ラクダは、19世紀に入植者が連れてきたラクダが野生化したもの。現在、アウトバック(Outback)と呼ばれる豪大陸内部の砂漠を中心とする辺境地帯を徘徊する数は、120万頭にも上る。

 これらのラクダらが草原を食べ尽くして植生が失われるなどの害を考慮すると、ラクダ1頭につき年間平均で、CO21トンに匹敵するメタンを算出している計算になり、同国の大きな温室効果ガス排出源になっているとみなせる。

 こうした状況を背景に、アデレード(Adelaide)の広告会社ノースウエスト・カーボン(Northwest Carbon)が提案したのが、ラクダの殺処分案だ。政府の「気候変動とエネルギー効率局」が9日公開した諮問書の中で提示された同社の提案によると、ヘリコプターからラクダを射殺するか、群れをまとめて食肉処理場へ送り、食用やペットフードに加工する。

 ノースウエスト・カーボンのティム・ムーア(Tim Moore)社長は、豪通信社AAPに対し、「わが国は創意工夫に富む国民の集まり。問題があっても革新的な解決方法を見出す。(ラクダの殺処分は)そうした伝統の一例だ」と語った。

 発電は火力中心、輸出は鉱山資源に大きく頼っているオーストラリアは、国民1人当たりの温室効果ガス排出量が世界でも最も多い国の部類に入るが、政府は方針の転換を模索しており、農業・林業従事者や土地所有者などが排出削減のアイデアを考案した場合、新たな経済的機会を与えることを検討中という。

 ラクダの殺処分案が含まれたイニシアチブは次週、議会で審議される予定。



環境問題によるCO2削減って生き物を殺してまで行う事なのか?

生き物が排出するCO2が問題になるんだったら、真っ先に殺処分されるべきは人間ではないのか?

ノースウエスト・カーボン社、ラクダを殺処分する事を革新的な解決方法だと言うのなら、もっと革新的に、まず自分が処分されればいい。

こんな方法が採用されてしまうと、あちこちの国でも始めかねない。

人間が壊してしまった環境を修復するために、人間以外の動物の命を差し出すという考え方は間違っていると気づかないのか?




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)
1 Click Animalsへ
関連記事

| 報道 | 06:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

見えない大きな壁がありますね。
どの国でも無能な政治家より人の為に側にいる動物の方が
よっぽど生きる価値があります。

増やすだけ増やして生態系まで破壊させて
人間の責任は人間がとるべきですよね

| kinnogoma | 2011/06/20 00:46 | URL |

Re: タイトルなし

kinnogoma様。
コメント有難うございます。

その通りですね。

地球に対してもっとも被害を与えているのは人間ですよね。

ちゃんと人間が責任をとらないと。

| ぐーパパ | 2011/06/20 05:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/599-d22238ed

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT