PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

風化させてはいけない事(原発による被災動物)

うちのとらまる様からの転載です。
 http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-10932997684.html

■■■ 転載、ここから ■■■

私が 初めて牛舎を訪れたのが 4月9日
震災から 約1ヶ月 経っていました

落日 01

原発の水素爆発などの事故で
立ち入りが制限された20km圏内にある 浪江町の牛舎
約50頭ほどいた 肥育用ホルスタイン雄牛たちは
事故以降 飲まず食わず状態になってしまいました

落日 02

この時すでに3分の1は餓死
残った牛たちが死ぬのも時間の問題

落日 03

しかし この惨状を知った
ボランティア団体さんや個人の方々が動いてくださいました
皆で協力し情報交換しながら
給餌給水をして
なんとか生きながらえさせようとする活動が始まりました
牛の餌 数百キロを南相馬に送りつけた 滋賀県のボランティア団体
そしてその餌を2トントラックで牛舎まで運んでくれた千葉の若者
実家が南相馬だということで協力してくれた埼玉の主婦
皆がそれぞれの役目を果たし活動したのでした
みんな牛たちを助けたい一心で活動しました
もちろん他の方々で世話をされた方は絶対いらっしゃったと思います
が・・・
全頭の 牛たちのお腹を継続して満たすには
餌も水も 圧倒的に足りなかったのでした

落日 04

少しずつ数を減らしながらも
なんとかぎりぎり生き延びている牛たちがいました
生きていれば必ずチャンスが来る
それを信じて・・・

落日 05

5月に入ってから
私が訪れた時に見た光景
誰かが牛舎の柵を開放してくれたのです
これで牛たちは自由に草を食み 水のあるところにも行ける
私は喜びました

落日 06

しかし このことによって悲惨な状態も引き起こしました
用水路に水を求めた牛たちが落下し
出られなくなっていたのでした
これを心配くださった個人の方が
神奈川県からわざわざいらっしゃって
重機で救出してくださったり

落日 07

またある方は用水路の水門を閉めて
水位を上げて水を飲みやすいようにしてくださいましたが
渇ききった牛たちには こちらの思いなど通じるはずもなく
どんどんと用水路に落下していきました

落日 08

結局
家畜という種類の生き物たちは
犬や猫と違い
あまりにも大きく
1箇所に あまりにもたくさんいて
私たち個人では
どうにもならなかったのでした

落日 09

このやせ細った牛
この子 一匹すら助けることはできませんでした

餓死という 一番辛い死に方をさせてしまった
本当にかわいそうな事をしてしまいました

落日 10

6月19日
4月22日に警戒区域に指定されてから
なかなか訪れることができなかった牛舎に
やっと来ることができました
前回から1ヵ月半も間が開いています
時間は夕方6時半

落日 11

中を覗くと
生きているものは何もいません
前回 大量発生していた蛆さえもすでにいなくなっています
夕日に照らし出されているのは毛と骨のみ
あれだけ必死に鳴いていた牛たちは
こんな姿になってしまいました

落日 12

牛舎の裏にある用水路にも白骨化した牛たちがいました
食べるものがいなくなった 用水路のふちの草が生い茂って
ここに落ちてしまった牛たちが もう生きていないことを物語っています

落日 13

この牛舎を見つめた3ヶ月間
牛たちの悲劇の責任を
私たち人間は とらなくてはいけないと思い
必死で写真に記録しました
こんな牛たちがいたことを
皆さんに知って頂きたかったのです
山に日が落ちて
私はここを去ることにしました


■■■ 転載、ここまで ■■■

原子力発電所のトラブルにより、周辺地域の全てに被害が及びました。

避難を強制されながらも、避難所と牧場の往復を続けて畜産動物を守り続けた畜主さんが居ました。

その方たちも、20キロ圏内が立ち入り禁止になった時点で給餌給水が出来なくなり、牛や豚や鳥が少しずつ数を減らして行きました。苦しいであろう餓死という死に方で...

もう2度とこんな苦しい思いを人にも動物にもさせてはいけないと強く思います。

その為には何が出来るのか?

どうすれば利権しか頭にない奴等を押しのけて「動物の救済」「脱・原発」が達成出来るのか?

一人一人の力は小さくても、たくさんの人が同じ方向を向いて行動する事で、とても大きな力になります。

一緒に頑張りましょう。
関連記事

| 他サイト転載 | 05:23 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この映像を見ると胸が詰まります・・・。
菅首相と政治家に見て欲しいですね。

日々の中こういった事は風化していく事が一番
切ないですね・・・
私の中ではこの日をきっかけに
「家畜は口にしない・皮革毛皮製品は安易に購入しない」と
 いう切り替えを行いました。

本当に本当に命の軽さに胸が痛みます。

| kinnogoma | 2011/06/30 10:17 | URL |

初めまして。

今回の記事、私のブログにも添付させて頂いても良いでしょうか?

ブログは二つ持っているので両方にアップ出来たらと思っています。

日頃起きている理不尽な事に、日々憤りを感じています。
私にも何か出来ないか?と思う日々です。

正丸峠での遺骨回収。
昨年、参加させて頂きましたが、本当に酷いものでした。

まだまだ、沢山の子達が土砂の下に眠っています。
全ての子を連れて帰りたかった........。

これからも、陰ながら応援させて頂きます。

そして、沢山の情報をお聞かせ下さい。

命を奪う権利等、人間にはないと思います。
餓死...........あまりにも酷過ぎる。

| ひらベラ | 2011/06/30 18:41 | URL |

Re: タイトルなし

kinnogoma様、続けておはようございます。

本当に、全ての政治家が現地の被災者と被災動物の状態を見るべきだと、
そうしないから、どこか他人事で陣取り合戦にうつつを抜かしていられるんだと思います。

被災地の報道がかなり少なくなって来たと思いませんか?
もうすでに風化が始まっているように感じます。

そう感じていた所に、うちのとらまる様のこの記事を見つけたので、是非転載したいと思いました。

今回の政府の対応、人間以外の命がすごく軽く見られていて腹が立ちます。
が、怒っていても意味が無いので、あちこちに声をあげて行くしか無いですね。

| ぐーパパ | 2011/07/01 04:58 | URL |

Re: タイトルなし

ひらベラ様。
初めまして。
コメント有難うございます。

元々ツイッターで拡散希望になっていましたので、問題ないと思います。
現在進行形の内容なので、少しでも早く、少しでも多くの人に知って貰えた方がいいと思います。
(必ず転載元に「うちのとらまる」様を記載して下さい)

正丸峠での遺骨回収に参加されたんですか。
最近の回収の時の写真でも、かなりの数の遺骨が写っていましたが、
まだ多くのご遺体があるのですか?
一体どれだけ多くの人とペットの気持ちを踏みにじったんでしょう。

こんなにも色々な方面で、動物に対して理不尽な事が行われていると怒りを感じますよね。

> 命を奪う権利等、人間にはないと思います。
> 餓死...........あまりにも酷過ぎる。

本当にその通りです。地球上で人間が一番偉いわけではありません。
全ての命にやさしい世の中にしたいです。

微力ながら私も頑張って行きます。

| ぐーパパ | 2011/07/01 05:21 | URL |

正丸峠に眠っているいる子達は千という単位だと思います。
10年以上に渡って捨てられていたので、土砂の下に埋まったり、木に引っ掛かっていたり..........。

下まで落ちて川に流されてしまった子もいると思います。

土砂を掘れば掘る程、出てきます。

もしも、お時間がありましたら私のブログのカテゴリ『ペット事件』を見て頂くと作業をしている時の事を書いています。

昨年、2日間ですがお手伝いさせて頂きました。

『いつになったら不法投棄ではなくなる』
『これでも、ただのゴミだと言えるのか?!』

この2つが、当時の事について書いています。

言葉遣いが、かなり荒くなってしまっていますが、現場に行った時の事を書いています。

ぐーパパさんのブログは本当に知らない事を教えて頂き、周りの人達にも伝えていき一つでも多くの命を守りたいと思います。

| ひらベラ | 2011/07/01 07:45 | URL |

こんばんは。

助けたくても助けられなかった方たちの悲痛な思いが伝わってきて、自分の無力さにも憤りを感じます。

ツイッターでもつぶやきましたが、人間以外の生物が苦しむことは関係ないことで、お金が儲かればよくて、儲からないうえに何の利益も自分にもたらさない事には無関心。
次世代の子供たちが放射能汚染や環境破壊に苦しんでも、知ったことではない。

今の政治家の考えがよくわかります。これじゃあいくら子供たちに命を大切にしようなんて言っても、心に響かない。
空虚です。

会社の朝礼の一言コーナーで、もう少しソフトな感じですが、自分のこのような意見を述べてみました。

皆、無関心または「何いってるの?」的な表情の人もいましたが、「そういう考え、好きやわ」と言ってくれる人、また別の日の朝礼で、ある部長が「私も○○さんと同じように、これからはこういうことを訴えて行きたいと思う。」と言ってくれました。保守的な職場の中でこういうことを言うのは勇気がいりましたが、言ってよかったと思います。

きっと、輪が広がっていくと信じています。

| こじにゃんひなにゃん | 2011/07/01 23:00 | URL |

Re: タイトルなし

ひらベラ様。
ブログ拝見させて頂きました。

現場に行った事が無い私でも、自分が現場に居て、足元に黒い袋が無数にあるような気がしました。
これが現実で、袋の中身がうちの子だったらと考えると...

飼い主さんをだまし、10年以上も遺棄を続けていた阿部という男は、何も感じる事が無かったのでしょうか?
本当に同じ人間なんでしょうか?
人間って、お金の為にここまで他人の心を踏みにじり、自分の心を捨てる事が出来るんでしょうか?

ひらベラ様は言葉遣いを気にされていましたが、現場ではものすごい怒りを感じたでしょうから、言葉遣いが荒くなっても仕方無いと思います。かえってその方が読み手によく伝わりますし。

いつも思います。
「不法投棄」「器物破損」、どうして人間以外は物扱いするのでしょうか?
古い法律をいつまでも採用するのではなく、現在に合った事実に即した法律に何故出来ないのでしょうか。

今の人間社会の中で、不当な扱いを受ける動物たちが居る事を知っている私達が頑張るしかないですね。

私もひらベラ様と同じように、一人でも多くの人に現状を伝え、一つでも多くの命が守れるように努力して行こうと思います。

| ぐーパパ | 2011/07/02 06:59 | URL |

Re: タイトルなし

こじにゃんひなにゃん様。
おはようございます。

そうですね。

宮崎の口蹄疫の時も感じましたが、国はお金に換えれない動物は不要と言う判断をよくしますね。

今回の被災地でも、既に千頭以上もの牛や豚が殺処分されているそうですね。
(地震、津波、被爆、飢え、乾きを生き延びて来た動物を人間が殺処分する。信じられない判断です)

救う方には中々動かないくせに、処分する方だと行動が早い。
必ず蓄主さんの同意を得てから殺処分すると言っていたはずなのに、実際には処分した後に同意を取っている場合もあるそうです。

最近、被災地の子どもから変な症状が出ているというニュースを見ます。
被爆してるんじゃあ?と素人でも思えるのに、政府は何の対策も講じませんね。
現政府は利益を生まない人間も不要と考えているのでは?と疑問に思ってしまいます

---
会社の朝礼で発表ですか!
こじにゃんひなにゃんさんの行動力(と勇気)はすごいですね。

「そういう考え、好きやわ」とか、「私も○○さんと同じように、これからはこういうことを訴えて行きたいと思う。」と言ってくれる人が居る職場って素敵ですね。

こじにゃんひなにゃんさんから始まる輪が、どんどん大きくなる事を願っています。

| ぐーパパ | 2011/07/02 07:25 | URL |

ありがとうございます。

いい職場と言っていただきました。

でも実は私の話をニコニコして聞いてくれる方々は、もう定年前の人たちばかりです。
うちの会社は旧財閥系で、保守的、官僚的、女性社員が会社を相手取り、訴訟問題を抱えるような会社です。

出世を考えている方たちのほとんどには私の話は届いていないと思います。特定の思想を持った人は排除されます。原発反対などと口が裂けても言えません。そんな話題は誰も持ち出しません。大事な当たり前の問題なんですが。みなさん子供もいるんですけどね。

顔には出さないけれど、内心うなづいている若い人たちもいるだろうと楽観的に思っています。

当たり前のことを特定の思想と考えること自体、旧態然としていますね。実際、総務部長の目はとても厳しかったです。
でも、私はおばちゃんなので、気にしていません。

関西のおばちゃんのパワー、こういうところにみんなで発揮して欲しいですね(笑)

| こじにゃんひなにゃん | 2011/07/02 20:11 | URL |

Re: タイトルなし

こじにゃんひなにゃん様
おはようございます。

そうですか。
そう言う難しい会社だったんですね。

でも、そんな環境であれば尚更、動物の事について語るのは勇気がいる事です。
それが出来るこじにゃんひなにゃんさんの行動力はやっぱり凄いと思います。

きっと何か心にひっかかる物が出来た人は大勢いるでしょう。
それだけでも、凄く意味のある事だと思います。



| ぐーパパ | 2011/07/03 04:36 | URL |

men shoe lifts

It’s appropriate time to make some plans for the future and it is time to be happy. I’ve read this post and if I could I want to suggest you few interesting things or advice. Perhaps you can write next articles referring to this article. I wish to read even more things about it!

| men shoe lifts | 2013/06/24 17:39 | URL | ≫ EDIT

Dierdre

Great read. I furthermore think maybe it’s a bit longer

| Dierdre | 2013/06/26 09:38 | URL | ≫ EDIT

heel lifts

I value the article.Much thanks again. Will read on…

| heel lifts | 2013/06/27 23:57 | URL | ≫ EDIT

height increasing shoe inserts

Awesome news it is really. I’ve been searching for this info.

| height increasing shoe inserts | 2013/06/30 10:45 | URL | ≫ EDIT

Westy

This web site provides massive volume of prosperity within the posts. Thanks for the excellent read…

| Westy | 2013/07/02 15:02 | URL | ≫ EDIT

Samantha

Thanks for sharing, this is a fantastic article post.Thanks Again. Will read on…

| http://shoelifts.blog.fc2.com/blog-category-2.html | 2013/07/30 08:32 | URL | ≫ EDIT

Lauren

I like this blog very much, Its a real nice situation to read and get info. “Our job is not to straighten each other out, But to help each other up.” by Neva Cole.

| http://charlotte82266.insanejournal.com/362.html | 2013/08/01 23:28 | URL | ≫ EDIT

increase height

Thank you, I’ve just been looking for information about this topic for a while and yours is the greatest I’ve found out till now. But, what in regards to the bottom line? Are you certain about the supply?

| http://thebestshoelifts.typepad.com/blog/2011/04/rehabilitate-with-shoe-lifts.html | 2013/08/04 07:20 | URL | ≫ EDIT

in shoe heel lifts

Gripping! I would like to listen to the experts` views on the subject!!….

| http://blog.sina.com.cn/s/blog_b0e942e001017bk8.html | 2013/08/08 19:57 | URL | ≫ EDIT

Harper

What’s up, I merely wished to tell you, I disagree. Your current article doesn’t make any sense.

| http://blog.roodo.com/tallgirls | 2013/08/09 22:59 | URL | ≫ EDIT

Alexandra

sympa mais aujourd’hui” il faut “a visiter mon site immobilier

| http://blog.roodo.com/tallgirls/archives/2012-11.html | 2013/08/10 23:51 | URL | ≫ EDIT

heel lift inserts

What’s up to all, how is everything, I think every one is getting more from this web site, and your views are pleasant in favor of new people.

| http://arto.com/section/blog/ViewEntry.aspx?id=5740675&EntryID=4679286 | 2013/08/12 21:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/616-5c666604

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。