PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[転載] だから私は儲からない ペットショップオーナーの独白

Webマガジン 月刊チャージャーより

title

何かと問題視されているペットショップにおける生体展示販売。今回は、子犬や子猫を売っていないペットショップで話を聞いた。ほんとはスタッフの方も交えて話すはずだったけど、急なお客様の来訪で多忙につき、オーナーさんの単独インタビューに急遽変更。はたして、ペットショップの裏側に広がる闇の正体は? 聞いてみようじゃないですか!

01.ペットの生体展示販売をしないのは、なぜ?
  http://promotion.yahoo.co.jp/charger/hukumen/vol56/01.php

02.悪徳ブリーダーに騙された!
  http://promotion.yahoo.co.jp/charger/hukumen/vol56/02.php

03.売れ残った子犬は生ゴミに?
  http://promotion.yahoo.co.jp/charger/hukumen/vol56/03.php

04.新品の子犬にこだわるな!
  http://promotion.yahoo.co.jp/charger/hukumen/vol56/04.php

05.子犬を売らずに儲かりますか?
  http://promotion.yahoo.co.jp/charger/hukumen/vol56/05.php



■インタビュー中の印象に残った言葉を抜き出しています■

一応、ブリーダーは自治体への登録制だけど、実質的には何の資格も必要ないし野放し状態。日本のブリーダーの多くは「バックヤードブリーダー」。横文字で言うと立派に聞こえるけどさ。結局、犬好きの主婦が片手間でやってたり、劣悪な環境の中でボコボコ子犬を生ませてるところがほとんどだからね。

常識的には、生後100日、3カ月くらいは子犬が母親の母乳を飲んで、免疫力を高めたり社会性を身につける時期。でも、日本のペット業界では、子犬は小さければ小さいほど売れると考える商業主義がまかり通ってるからね。ブリーダーを許可する自治体が本当はもっと厳しく取り締まるべきなんだ。でも、一度自治体の担当者に「もっと厳しくしてよ」と意見したら「人手がなくてどうしようもない」と言い訳するばかりで、改善される様子はないなあ。生後間もない犬の売買をしても、動物愛護法では売買を規制する期間も緩いし、行政が改善を指導するってだけで明確な罰則さえない。悪徳業者は今も好き勝手やってるし、無届けでやってる業者も横行してるでしょ。

今の日本では、子犬が「産業動物」とか「製品」になってるのが現実なんだ。

里親を探すドッグシェルターのような活動も、ペット販売を巡る法律改正などの動きも、お金にも票にもつながりにくいからなかなか変わらない。日本は先進国だなんて言われてるけど、こういう部分はまったく後進国じゃないかと感じるね。



ペットの問題も、動物実験の問題も、畜産の問題も、野生動物の問題も、全ては人間側のモラルの問題。

結局は、人間の問題。

命を預かると言う事を軽く考える、お金が儲かれば何でもいい、人間以外は生き物ではない、

こんな考え方をする人間が居ると、動物たちの状況は変わらないのでしょうか?

こんな考え方をする人間に対して、私達には何が出来るでしょうか?




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)
1 Click Animalsへ

関連記事

| 他サイト転載 | 06:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

いつも重要な記事を見つけられますね。
今回の内容は
今の日本では中々難しいですよね。
一番の情報源のメディア事態が「子犬は商品」のように
番組として流す社会が出来てしまっている事が
原因のように思います。
知らずに洗脳されているんでしょうね。
私もかつてはそうでした。

でも、現状を知ることが出来て今度は伝える側に
立たなければずっとこのままの気がします。

TVや国は動きませんし気も付きません。
勝手なときだけ愛玩動物のままですもん。

多くの人に伝えていきましょう。

| kinnogoma | 2011/08/01 00:10 | URL |

Re: タイトルなし

kinnogoma様

こんばんは。

そうですね。
動物関連のTVや雑誌では、子犬/子猫が可愛いをアピールするようなものばかりですね。
ペットショップでは子犬/子猫の方が売れるから、TVでは子犬/子猫の方が視聴率が取れるから、
と同じような理由なんでしょう。そして、ここで悪循環が生まれています。

しかし、今回の愛護法改正の小委員会の決定で「夜間の販売禁止」や「対面無しでの販売禁止」が
決まった時のニュース番組では、”犬や猫は商品では無い、生き物である。感情もある」と言う
セリフが結構聞けました。嬉しかったです。

販売開始時期については、6週齢(ペットショップ側)と8週齢(愛護側)でもめて決まらないそうですが、
8週齢が選択されれば、子犬/子猫を欲しがる熱も少しは下がるのではと思っています。

「勝手な時だけ愛玩動物のまま」

本当に、その通りだと思います。

まだまだ動物たちの現状を知らない人がたくさん居ます。
もっともっと多くの人に伝えて行けるように頑張りましょう。


> 一番の情報源のメディア事態が「子犬は商品」のように
> 番組として流す社会が出来てしまっている事が
> 原因のように思います。
> 知らずに洗脳されているんでしょうね。
> 私もかつてはそうでした。
>
> でも、現状を知ることが出来て今度は伝える側に
> 立たなければずっとこのままの気がします。
>
> TVや国は動きませんし気も付きません。
> 勝手なときだけ愛玩動物のままですもん。
>
> 多くの人に伝えていきましょう。

| ぐーパパ | 2011/08/01 01:13 | URL |

おはようございます

ぐーパパ様。

こういう方もいらっしゃるんですね。
私もいつもこの、お金儲けや利権の壁を考えています。

あらゆるものがお金儲けにつながっている。
自分の経験から、子供の塾やいろんな教室もほとんどが親にどうやってお金を出さそうか、考えているのがよくわかりました。

利権がかかわると、何にも動きません。
大きな力で踏み潰されるから。

一人一人の生き方を変えていかなければ、ムリでしょう。
今の経済のしくみからの脱却、そういうことにいつも考えはたどりつきます。


でも、募金のように一人一人は小額でも、集まれば大きな金額になるというのと同じように、こういった活動にも小さな声を集めていきましょう。


| aries327 | 2011/08/01 07:47 | URL |

Re: おはようございます

aries327様

こんばんは。

みんなお金儲けを考えなければ、世の中もっとゆったり生活出来、
今は目を向けている余裕も無い人も、もっと色々な方面へ目を向ける事が出来るのでしょうね。

> でも、募金のように一人一人は小額でも、集まれば大きな金額になるというのと同じように、
> こういった活動にも小さな声を集めていきましょう。

はい。集めていきましょう。

| ぐーパパ | 2011/08/02 03:35 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/665-008995ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。