FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

[報道] 飼い主と津波に流された犬まる子 帰らぬ家族、残る思い

河北新報 2011年07月31日
 http://www.kahoku.co.jp/news/2011/07/20110731t13030.htm

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県東松島市の大塚地区で、飼い主一家と一緒に家ごと流され、2カ月半ぶりに見つかった犬がいる。家のあった場所に戻り、飼い主が戻るのを待っていたという。一家4人は津波で死亡・行方不明となり、この犬は親類に引き取られた。

 犬は雑種で、名前は「まる子」。大塚地区で酒屋を営んでいた佐々木亀悦さん(65)一家に飼われていた。7年前、生後すぐ保健所に持ち込まれたが、動物愛護ボランティアの佐々木美砂子さん(54)=塩釜市=に助けられ、亀悦さんの家に引き取られた。

 「丸々と太っていたのが名の由来。娘のようにかわいがられていた」と美砂子さん。

 3月11日の大津波で、亀悦さんは母たえ子さん(87)、妻弘子さん(64)、長男亀弘さん(22)、まる子とともに自宅2階に避難したが、家ごと流されたという。

 5月下旬、美砂子さんの元に亀悦さんの近所の人から「まる子が生きていた」と連絡が入った。驚いて亀悦さんの家があった場所に行くと、やせて泥だらけになったまる子がいた。車が通るたびに立ち上がって中をのぞき、「一家の帰りを待っているようだった」(美砂子さん)という。

 まる子は関東に住む亀悦さんの親類に引き取られた。しばらく餌を食べない時があったといい、親類の女性は「みんなが忘れられないのだろう」とまる子を思いやる。

 美砂子さんは「がれきの中、2カ月半もよく生きていた。亀悦さん一家のことを思うとやりきれないが、一家の分まで元気に長生きしてほしい」と祈っている。


覚えて下さい。

犬はこれだけ愛情深い動物です。

こんな犬たちが、私たちの税金で日々殺処分されています。

それは私達の本意でしょうか?




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)
1 Click Animalsへ
関連記事

| 報道 | 01:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/666-0d7c6f39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT