FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

犬の足に何者かが針金…動物愛護法違反で捜査 /山口

読売新聞 2010年9月17日
 
 山口県周南市の周南緑地公園で、針金で足を幾重にも巻かれ衰弱した犬が保護されていたことがわかった。県警周南署は「針金は人為的に巻かれた可能性が高い」として、動物愛護法違反容疑で調べている。

 保護したのは、同市の女性会社員(48)。8月22日午後7時頃、公園を散歩中の友人から「犬がけがをしている」と連絡を受けて駆けつけたところ、後ろの両足を針金で巻かれた2歳くらいの雄犬がうずくまっていたという。針金が皮膚に食い込んでおり、動物病院で治療を受けたところ、足の腱(けん)が切れていたという。

 2度手術をして回復に向かっているが、歩行や排せつなどは自力で出来ない状態という。

 女性は13日、周南署に相談。同署は公園内でのパトロールを強化している。動物愛護法では、犬などを虐待すると、1年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される。女性は「こんなことをする人に怒りがこみ上げてくる」と話している。
関連記事

| 報道 | 15:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/67-86470ae3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT