PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 「サルの飼育環境改善を」愛護団体が要望

YOMIURI ONLINE 2011年08月18日
 http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20110818-OYT8T00003.htm

 氷見市が島尾海浜公園で飼育しているニホンザルについて、動物愛護団体・北日本動物福祉協会(富山市、村田美南子代表)から、「本来の生態や習性、生理を著しく無視している」などと、飼育施設の改善を求められていることが17日、わかった。

 協会によると、市民から「けがをしたサルがいる」と連絡を受け、7月中旬に同公園を調査。金網で覆われ、地面をコンクリートで固めた小屋でオス1頭、メス6頭が飼われ、けがの痕のあるサルもいた。タイヤがつるされているだけで、登り木などがなかったという。

 協会は、展示動物の飼育について「必要な運動、休息及び睡眠を確保する」「健全に成長し、本来の習性が発現できるように努める」などとした環境省基準を満たしていないと指摘。今月10日付で、けがをしたサルへの措置などに関する質問状と、施設の改善や定期的な健康診断を求める要望書を送付し、20日までの回答を求めた。

 市都市計画課などによると、同公園でサルの飼育が始まったのは1953年。現在の小屋は69~72年頃に設置され、80年度に増築された。餌やりや小屋の清掃などは近くの住民に委託。けがや病気のときは、市内の獣医師に治療を依頼しているといい、「指摘を受けたこともあり、外部の意見を聞いて施設の改善を検討したい」としている。



日本中にこんな環境に置かれている動物たちがどれくらいいるのでしょうか?

こんな状況にある動物たちを目の当たりにしている人達がみんなで声を上げてくれれば、もっと日本の動物たちの環境は良い方向に変わるのではないかと思います。

”外部の意見を聞いて”とあるので、山へ返す、最低でも飼育環境の改善を要望して欲しいです。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

やさしい里親様を募集しています。詳細は写真をクリックして下さい。
竜クン(現在)

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)
1 Click Animalsへ
関連記事

| 報道 | 00:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/693-8d9b5989

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。