PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 人のエゴに翻弄される犬たちに涙

zakzak 2011年08月19日
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110819/dms1108190939000-n1.htm

 「戦時中を生きた先代の方々は命がけで国家に奉仕せざるを得なかった。今日本は戦後最大の危機を迎えていますが、そんな戦時中を生きた日本人に比べれば、今やっていることなど屁でもない。全て覚悟の上でのことです」

 福島第1原発20キロ圏に取り残された、動物たちのレスキュー取材に同行したとき、DJ村内氏と出会った。

 防護服に身を固めてはいるが「人の匂いが分からないと犬が怖がるから」と、簡易マスクと素手のまま、さまよう犬たちを探し求め、彼は原発至近へと向かった。

 原発周辺にいる犬たちは、全て飼い主が置きざりにしたのではない。

 「バスには乗せられない。避難先の体育館にも連れて行けない、すぐに戻れるんだから」と、置いてきた動物たちも多い。

 飼い主に動物たちを置いてゆけと迫るのなら、動物たちを飼育する義務を負うべきは行政ではないのか…。DJ村内氏はいう。

 「人のエゴで飼った犬たちを人のエゴで死なせたくはない。どんなに危険であろうとも、僕は動物たちを助けに行き続ける」

 だが、4月21日より20キロ圏は警戒区域となり、彼の崇高な意志は法に阻まれた。

 「今もなお多くの動物たちが20キロ圏に取り残されています。国が早期に警戒区域を設定したことで、保護も餌やりも不可能になってしまった」

 行政は獣医師たちに暫定通行証を発行し、取り残されたペット対策を行ってはいるが、捕獲作戦が行われたのは、警戒区域への通行が禁止されてから、3カ月もたってからだった。

 給餌給水を義務づけ、遺棄と虐待を禁じた動物愛護管理法に、明らかに違反した行為ではないか。大熊町で餌をあげたシバイヌの群れ、飼い主のいない家を守って私たちに牙を剥き、捕獲できなかった犬たちの運命。それを思うと、やり場のない怒りで胸が激しく痛む。

 牙を剥きながらも、私たちの車をいつまでも追いかけ続けた、あの番犬。私の頬がまた涙でぬれた。

 DJ村内オフィシャルブログ(http://ameblo.jp/dj-murauchi/)。



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

やさしい里親様を募集しています。詳細は写真をクリックして下さい。
竜クン(現在)

動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)
1 Click Animalsへ
関連記事

| 報道 | 00:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この方エンジェルズで活動されている方ですよね。
ブログでお見かけしたことがあります。
DJされているんですね。
若いのにえらいな~と感心していたんです。

こうやって動いてくれてる人が沢山いることを
政権争いばっかりしてる政治家や
お金だけもらって仕事をしない行政に
伝わって欲しいです。

TVよりネットからの情報の方がリアルで正確。
とっても信心深くて優しい日本の国民は
うそばかりつく国にもうだまされませんよ。

| kinnogoma | 2011/08/21 09:05 | URL |

Re: タイトルなし

kinnogoma様

おはようございます。

この人の行動力は見習わないといけないですね。

ほんとに。役に立たない政治家が多いですね。
あの人達がモタモタしてる間に、被災動物たちがどれだけ困っているか?
それを救う為に奔走している人達がどれだけ困っているかを、
政治家達に知って貰いたいです。

今回の震災で、TVの報道がいかにコントロールされたものか分かりました。
日本も中国と同じでしたね。

ネットの方は早くて現実に近いと思いますが、故意に嘘を流されている場合と、
それを信じてしまって更に広めている場合とがあるので、気を付けないと。
と言う感じでしょうか。でも精査が難しいですよね~。

| ぐーパパ | 2011/08/22 03:23 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/696-e195b514

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。