PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 遺伝子操作で「緑色に光る猫」、エイズ治療に道

ロイター 2011年09月13日
 http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-23156920110913?feedType=RSS&feedName=oddlyEnoughNews

米国の研究チームがこのほど、遺伝子操作により、猫のエイズを引き起こす猫免疫不全ウイルス(FIV)に耐性のある細胞を持った「緑色に光る」猫を生み出した。猫エイズの感染防止のほか、人間の後天性免疫不全症候群(エイズ)研究にも役立てたいとしている。
 科学誌「ネイチャー・メソッズ」に11日掲載された今回の研究では、FIVを抑える働きを持つサルの遺伝子を猫の卵母細胞に注入し、その後受精させた。加えて、遺伝子操作を行った部分を容易に判別できるよう、クラゲの遺伝子も組み入れた。これにより遺伝子操作された細胞は緑色を発色する。

 その結果、遺伝子操作された卵母細胞から生まれた猫の細胞を採取したところ、FIVへの耐性を示したという。また、これらの「耐性」を持つたんぱく質は、猫の体内で自力で作られていた。

 また、遺伝子操作した猫同士を交配させたところ、生まれた8匹の子猫にも操作された遺伝子が引き継がれていた。

 研究を率いたメイヨー・クリニック(米ミネソタ州ロチェスター)のエリック・ポエシュラ博士は、今後は遺伝子操作した猫を実際にFIVに接触させ、ウイルスへの耐性があるかを確かめたいとしている。

遺伝子操作で光る猫




人間って、ここまでやるんですね。

新しい生命を作って増やして実験して殺して。

その内、突然変異で人間を捕食する種が出来たりするんじゃあないでしょうか?

これまで命を弄んできた事の清算のために。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村
やさしい里親様を募集しています。詳細は写真をクリックして下さい。
竜クン(現在)加古川企業子猫たちミケミケちゃん

右端の三毛猫ちゃんは、やさしい里親様が見つかりました。ご協力有難うございます。
まだ決まっていない子が居ますので、引き続きご協力お願いします。


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。
犬 殺処分

クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)
1 Click Animalsへ
関連記事

| 報道 | 04:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

研究

矛盾を感じる所です。

研究する人........人間の為に研究をする。
人間の為。

でも、その研究は時には度を超えてしまって、みさかえなく手を出してはいけない所まで手を出してしまう様な気がします。

ここまで色々な事が出来る程に研究されている今、動物実験をしなくても済む世の中にはならないものでしょうか....。

| ひらベラ | 2011/09/15 11:01 | URL |

Re: 研究

ひらベラ様

おはようございます。

本当に人間の為と思って研究している人って居るのでしょうか?

もし人間の為であれば、既に誰かが研究し終えている内容を再度実験で実証する必要は無いですよね。
論文の為の実験になっているのでは無いでしょうか?

諸外国では代替法の研究もかなり進んでいるようです。
現在の代替法で代用出来る事と出来ない事の割合がどの位か分かりませんが、
日本ではあまり使われていないようです。

つい最近だったと思いますが、どこかの大学で
「次の予算が減らされてしまうから、もっともっと動物を使え!」って言う教授が居る話を聞いた事があります。

こんな、命を命と思えないような人達が居るようでは、動物実験が減る事は無いのかも知れません。

動物実験、ペット産業、毛皮、どれにも深い闇が存在します。
この闇を何とかしない限り、動物達に明るい未来は無いのかもしれません。

| ぐーパパ | 2011/09/16 03:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/732-83822c6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。