PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 犬肉祭りを中止…600年の伝統、「残酷・変質」の指摘で

サーチナニュース 2011年09月21日
 http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0920&f=national_0920_258.shtml

 浙江省金華市・乾西郷政府は19日に、10月に予定されていた湖頭狗肉節(犬肉祭り)を中止すると発表した。同祭りは元代(1272-1368年)末期から明代(1368-1644年)初期にかけて始まり、現在までに約600年の歴史を持つとされていたが、「残酷だ」との批判が高まった。中国新聞社が報じた。

 現地には犬肉を食べる習慣があり、多くの人が集まる「犬肉祭り」は交易の場所でもあった。

 9月初旬に、インターネットで、「驚き。浙江金華湖頭の犬肉祭り」との投稿が掲載された。写真も添えられており、祭りの会場で犬を殺して食肉に加工することを「残酷」として、厳しく非難した。

 同祭りを非難する声が全国的に広まり、一部の動物保護団体も、中止を求めた。

 地元の乾西郷政府が住人の考えを調査したところ、会場で犬を殺すことに反対する人が大部分であることが分かった。交易会についても「物流が発達した現在、もはや必要ない」との声もあった。

 乾西郷政府は19日に、同問題についての会議を開いた。伝統の保存と全国的な非難への対応策を巡って激論となったが、「今年の交易会は中止。犬肉祭りについては、今後も行わない」ことが決まった。

 犬肉祭りは旧暦の9月12日(2011年は10月8日)に始まるしきたりだった。交易会が始まったのは1949年の中華人民共和国成立の前後で、「当時の農村は物資が欠乏しており、農産物を売って必需品を買う交易会は、地元の人々にとって役立った」という。

 ただし、物流が発達した現在、「交易会は必要なく、公道を7日間も使うために発生する交通渋滞や汚染の害の方が大きい」との意見が出たという。

 会議で「最終結論」を決めたのは乾西郷湖頭村の共産党委員会書記の発言だった。同書記は、「伝統はすでに変質してしまった」ことを理由に、祭りの中止を主張した。

 かつては地域の住民が、自分が育てた犬を持ち寄ったが、現在では外部の業者が多くなったという。古くは、犬肉祭りで供する犬の由来ははっきりしており、品質を保証できた。現在増えた「業者」が扱う犬は別の地域から持ち込んだもので「野犬や病気の犬もいてめちゃくちゃだ。食べる人の健康を保証できない」ため、中止もやむをえないと主張した。

 同書記は、地元に伝わる「犬肉食」は禁止しないとの考えを示した。祭りが予定されてた時期に「通りで犬を殺すことは認めない。しかし、犬肉を食べることを禁止する法律はない。従って禁止はできない」と述べ、住民に対して環境衛生や食品安全への注意を促すよう訴えた。

 それまで「伝統の保護」を強く主張していた出席者も、それ以上は反対せず、犬肉祭りの中止が決まった。



悪しき伝統が淘汰されて行く良い例。

国内のみならず、海外からも多数批判されている日本のイルカ漁は、何でなくならないのでしょうね?




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


やさしい里親様を募集しています。詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年09月10日C-2
2011年09月09日A-12011年09月05日A-12011年09月19日A-2
2011年09月19日B-12011年09月19日C-1


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。

犬 殺処分



クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)

1 Click Animalsへ


関連記事

| 報道 | 04:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

賛成

こんばんは。

中国にしては珍しく前向きな姿勢に拍手です。
とっても嬉しい内容ですが
もう少し踏み込んでくれるともっと嬉しいですね。

古くからある文化や伝統は守っていかなければいけないのは
内容によります。
命を頂く事をお祭りとするのは物の無い時代の事で
その時はどの命もとても貴重なタンパク源で
大切にしていたんだと思います。
イルカ猟も同じだと思います。
でも これだけ豊食の時代になって
しかも毎日毎日廃棄ばっかりしているのに「伝統だから・・」といって続ける意味が分かりません。

美味しければ何を食べてもいいのなら
崇高な人間の理性はいらないですよね。

イルカ猟はいつか いつか 必ずなくなると思います。
鯨肉がイルカ肉と改名されて店頭に並んでいることは
知人も知っていました。
「知ってからは 絶対に買わないし 拡散してるよ」と
断言していましたので
ゆっくりでも 自然消滅していくと思います。

    拡散頑張ります。

| kinnogoma | 2011/09/21 22:36 | URL |

Re: 賛成

kinnogoma様

こんばんは。
コメント有難うございます。

そうですね。
命の犠牲の上で成り立つような伝統は続けるべきではないでしょうね。

今回は祭りとして犬を殺す事が禁じられましたが、
もう一歩踏み込んで中国では犬食が無くなる事、
日本ではイルカ漁が無くなる事、
カナダではアザラシ漁が無くなる事、

最終的には、人間が動物を食べる事を必要としなくなる
日が来る事を目指して頑張りましょう。

| ぐーパパ | 2011/09/22 01:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/754-556b2dd7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。