PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 動物愛護法改正めぐり、意見10万件超が殺到

YOMIURI ONLINE 2011年10月08日
 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20111007-OYT1T01405.htm

 ペットとして販売する子犬や子猫をどのくらいの日数で親から引き離すのかなどを盛り込む動物愛護法の改正をめぐり、環境省が一般の意見を募ったところ、メールなどで予想をはるかに超える10万件以上が殺到した。

 早く売りたいペット業者と、動物の健全な育成を願う愛護家などがそれぞれの意見を大量に送ったためだ。同省は意見を整理集計できず、改正を検討している委員会に意見を提出できない状態になっている。

 改正案は昨年8月から中央環境審議会の「動物愛護管理のあり方検討小委員会」で審議されている。最大の争点は、子犬や子猫を親から引き離す日数で、ペット業者は生後6週間、動物愛護団体は最低でも8週間と主張している。

 その根拠について、ペット業者は「子犬でなければ売れない」「8週間も持っていると餌代など費用がかかる」。愛護団体は「親から早く離すとかみ癖やほえ癖がつくなど問題行動を起こす」「8週間が国際基準」とし、対立している。

 このため環境省は今年8月27日までの1か月間、意見を募った結果、メール約5万1000件、郵送とファクス約5万2000件が届いた。この影響で同省動物愛護管理室はメールが受信できなくなったりファクスが不通になったりした。



「早く売りたいペット業者」、「子犬でなければ売れない」、「8週間も持っていると餌代など費用がかかる」どの理由も人間都合。

動物愛護法は動物を愛護する為の法であって、販売業者を守る為の法では無い。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


全ての生命を尊ぶ会の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年10月04日A-12011年10月04日B-3
2011年09月05日A-12011年09月19日A-2


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

京都市家庭動物相談所(ポインター)京都市家庭動物相談所(MIX 1)京都市家庭動物相談所(シーズー)京都市家庭動物相談所(MIX 2)
京都市家庭動物相談所(ミニチュア・シュナウザー)京都市家庭動物相談所(ねこ 01)京都市家庭動物相談所(ねこ 02)京都市家庭動物相談所(ねこ 03)
京都市家庭動物相談所(ねこ 04)京都市家庭動物相談所(ねこ 05)C006 京都市家庭動物相談所C007 京都市家庭動物相談所
C008 京都市家庭動物相談所


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。

犬 殺処分



クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)

1 Click Animalsへ


関連記事

| 報道 | 01:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

問題は沢山ありますね

『動物愛護法は動物を愛護する為の法であって、販売業者を守る為の法では無い。』勿論その通りです。

ただ、ペットを飼う側(買う)人間も、子犬や子猫を欲しがるのも事実ですね。

そこも大きな問題だと思います。

親と早いうちに引き離された事が原因で問題行動を起こした犬も見ました。

日本人特有の「小さいものが可愛い」という考え方を、その後どうなるのかと言う事を考えさせなければいけないと思います。

でも、これだけのメール等が集まった事に、一歩前進できたのではないかと感じます。

あとは、環境省が人間らしい答えを出してくれる事を祈るばかりです。

| ひらベラ | 2011/10/12 08:00 | URL |

こんにちは。


こんにちは。

いつも京都市の動物もアップしていただいて
有り難うございます。
私は今までずっとペットショップかブリーダーさんから
家族を購入していました。
今思うと反省しています。
知らないって怖いですね・・・。
だから私みたいな無知を増やさないように
出来るだけ人目に付くように掲載依頼のときも
わざと周囲の人に聞こえるように話をしています(^^)。

どのお店もポスター掲載には快諾してくれるので
感謝です。
ペットショップ・ブリーダーの減少と成長動物の良さを
もっと浸透して欲しいですね。
命を生業とする方々にも目先の利益より
成長動物の良さをアピールするよう
知恵を出してもらいたいです。
プロなんだから。

それはそうとキャバリア君優しいご家族様に
引き取られたそうです。
本当に良かった~
ありがとうございました。

| kinnogoma | 2011/10/12 16:44 | URL |

Re: 問題は沢山ありますね

ひらベラ様

コメント有難うございます。

そうですね。
飼う側が子犬や子猫ばかりを欲しがるのは問題ですね。

でも、それも販売側がスポンサーになってるTV番組や雑誌に踊らされた結果では無いかと考えます。

「抱っこさせれば勝ち」と言っているような業者に期待は出来ませんが、TV番組や雑誌では大人が作るものとして子供にちゃんと伝えて欲しいですね。

パブコメの数、前回に比べたら格段の差ですね。
5年前に比べると関心を持っている人が多くなったって事ですね。
それは素直に嬉しいです。

「環境省が人間らしい答えを出してくれる事を祈るばかりです」
本当に、心から、祈ります。

| ぐーパパ | 2011/10/13 00:07 | URL |

Re: こんにちは。

kinnogoma様

こんばんは。

お忙しい中、本当に頑張られてますね~。
きっとkinnogomaさんの頑張りが実を結ぶ時が来ると信じています。

長く継続出来るように、あんまり無理はしないで下さいね。
出来る時に出来る事を、で行きましょう。

利益の追求は商売をされている方にとって当たり前の行為です。
が、命を扱っている場合は、人としてのモラルをなくすような利益の追求は止めて欲しいです。

キャバリア君、本当によかったです。
安心しました~。

キャバリア君に続いて、どんどん里親様が決まるように祈ります。

| ぐーパパ | 2011/10/13 00:44 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/798-652b0da2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。