PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 「駆除」だけでいいのか

YOMIURI ONLINE 2011年10月29日
 http://hokuriku.yomiuri.co.jp/hoksub4/sinsousui/ho_s4_11102901.htm

廣川 まさき ノンフィクション作家

 この季節になると、人里に熊が出たというニュースが頻繁に聞こえてくるようになる。富山県も熊の生息数が多いことから、野生動物との共存を考えなければならない県の一つであるが、こういったニュースが流れる度に、私が胸を痛めるのは、その解決方法がいつも、「駆除」であることだ。

  この夏、私は北緯69度を越えるアラスカの北極圏を旅した。この辺りは、木も生えることができない森林限界域であって、広大なツンドラの平原が広がることから、動物たちは隠れる場所もなく、堂々と歩いている。その様子を眺めるのが、北極圏の旅の醍醐味でもあるのだが、ここで私は、実に情けない狼に出会った。ヨタヨタと近づいてきては、虚ろな目をして、人間である私と視線が合っても逃げようともしなければ、身構えることもしない。まるで物乞いをするようにうろつきまわり、極北の狼の誇りもない野良犬同然だった。

  アラスカでは近年、生ゴミの始末をしないマナーの悪いキャンパーや、安易に野生動物を餌付けする思慮の足りない旅行者が多く、人間の食べ物の味を知ってしまった熊や狼、狐が増えてきている。こういった動物たちは、野性の秩序を守るために、射殺の対象となり、毎年多くの熊や狼が処分されている。私が出会った狼も、処分対象としてレンジャーに報告されていた。

  野生動物を研究する私の友人は、「自然を管理することは、人間を管理することだ」と言った。それだけ自然は、人間の勝手な都合や浅薄な行為によって壊され続けてきたのだ。現代における人と野生動物との共存を考えると、明らかに譲歩しなければならないのは、人間の方だ。単に動物側の処分を繰り返すのではなく、今一度、人間はどう自然と向き合うべきなのかを考えなければならない。



これまで、このブログで何度も書いて来た事が書かれている記事です。

「自然を管理することは、人間を管理すること」
「自然は、人間の勝手な都合や浅薄な行為によって壊され続けてきた」
「人と野生動物との共存を考えると、明らかに譲歩しなければならないのは、人間の方」
「動物側の処分を繰り返すのではなく、人間はどう自然と向き合うべきなのかを考えなければならない」

まさにその通りだと思います。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


全ての生命を尊ぶ会の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年10月04日A-12011年10月19日A-1
2011年09月05日A-12011年09月19日A-22011年09月19日A-22011年09月19日A-2
2011年10月21日A-12011年10月21日B-22011年10月21日C-12011年10月24日A-2
2011年10月24日B-12011年10月25日A-12011年10月25日B-12011年10月25日C-1
2011年10月25日D-12011年10月25日E-1  


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

京都市家庭動物相談所(MIX 1)京都市家庭動物相談所(MIX 2)京都市家庭動物相談所(ねこ 03)C008 京都市家庭動物相談所
C009C010C011C012


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。

犬 殺処分



クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)

1 Click Animalsへ

関連記事

| 報道 | 04:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/837-4f26c2b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。