PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] ふかひれ禁止の動き広がる、カナダのトロントが条例導入

AFPBB News 2011年10月29日
 http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/environment/2838043/8006328?utm_source=afpbb&utm_medium=topics&utm_campaign=txt_topics

 サメ保護の立場からふかひれスープ反対を唱える人々に、強力な同士が加わった。米カリフォルニア(California)に加え、カナダのトロント(Toronto)も、ふかひれの消費を禁止する条例を導入したのだ。

 高級中華料理のふかひれスープは、富の象徴として結婚式には欠かせない一品。だが、今後、トロントのレストランでふかひれスープを食する機会はなくなる。

 トロントは、カナダ最大の都市であるとともに、同国で最も中国系人口が多い都市だ。カナダ統計局(Statistics Canada)の最新データによると、トロントの中国系人口は28万3075人で、トロント人口の11%を占めている。

 当然ながら、中国系コミュニティやビジネス団体などは、ふかひれ禁止の決定に反発している。他の国々と同様に、彼らも伝統を侵害されたと感じているのだ。

 これに対し、動物愛護団体や環境活動家らは、ふかひれ漁は残酷で非道な慣習だと主張。ひれを切り取られサメは、海に戻され、そのまま死んでいくと指摘している。

 サメの保護運動に取り組むNGO「シャーク・トゥルース(Shark Truth)」によると、ふかひれスープのためだけに毎年7300万匹のサメが殺され、近年には個体数が最大90%も減少しているという。

 ふかひれ禁止を決めた都市は、オンタリオ(Ontario)州ではトロントが4番目。同市のふかひれ禁止運動には、中国系の議員も1人、加わっていた。

 米国でも、ハワイ(Hawaii)、オレゴン(Oregon)、ワシントン(Washington)州に加え、今月初めにはカリフォルニア州がふかひれ禁止を決めている。  

 一方、ふかひれスープの本家、中国でもプロバスケットボールのスター選手だった姚明(Yao Ming、ヤオ・ミン)氏と英ヴァージン(Virgin)グループのリチャード・ブランソン(Richard Branson)会長が前月、ふかひれ貿易の禁止を訴える運動を上海(Shanghai)で展開している。



ひれを切り取られたサメを海に戻すって、
泳げなくなったサメが溺れ死ぬって事でしょうか?

海の住人であるサメが、泳げない状態のまま海に放り出され、
底まで沈み、身動き出来ないまま死ぬまで底で生き続けるのでしょうか?

先に記事にした、ウールやダウンも同じですが、
どうしてこんな残酷な方法を選ぶのでしょうか。




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


全ての生命を尊ぶ会の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年10月04日A-12011年10月19日A-1
2011年09月05日A-12011年09月19日A-22011年09月19日A-22011年09月19日A-2
2011年10月21日A-12011年10月21日B-22011年10月21日C-12011年10月24日A-2
2011年10月24日B-12011年10月25日A-12011年10月25日B-12011年10月25日C-1
2011年10月25日D-12011年10月25日E-1  


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

京都市家庭動物相談所(MIX 1)京都市家庭動物相談所(MIX 2)京都市家庭動物相談所(ねこ 03)C008 京都市家庭動物相談所
C009C010C011C012


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。

犬 殺処分



クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)

1 Click Animalsへ

関連記事

| 報道 | 04:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。


こんばんは。
いゃ~知らないって本当に怖いですね・・・
知らない事だらけです・・・。

高級なのであまり口にする機会も無かったのですが
今後気をつけます。
でも 多分今迄と同様と思います・・^^。

人間って何故こんなむごい選択をするのでしょう・・・
ヒレだけ切って海に戻しても死ぬだけなのに
世界中で捕獲そのものを禁止されるよう祈ります。

まずは食べない事!で
需要から絶たないと何でも無理ですよね



| kinnogoma | 2011/11/01 23:52 | URL |

Re: こんばんは。

kinnogoma様

おはようございます。

この件は私も全く知りませんでした。
ヒレのみを求めて殺しているとは思いませんでした。

たて続けにダウンやウールやフカヒレの事を知ったので、
ちょっとショックを受けています。

人間って何なんだろうって。

| ぐーパパ | 2011/11/02 05:32 | URL |

フカヒレの事

以前、テレビで観た事がありました。

ヒレだけを切り取り、そのまま海に放り投げるシーンを.......。
ショックでした。

私達は牛や鶏、ブタ、そして野菜もそうですが命を頂いています。
牛は可哀想だけどトマトは平気。と言うのは血が出るか出ないか?

今回のフカヒレの件も、その映像を観た時、色々考えました。

酷い........と思いましたが、じゃぁ、私は日頃何を食べている?と。

あくまでも私個人の考え方ですが『無駄』にしてはいけないと思うんです。
鮫を食する事は日本でもあります。
問題なのはヒレだけを切り取り、海に戻すと言う事なのではないかと。

ヒレはお金になるから.......と、ヒレだけを取るその行為は決して賛同できる事ではありません。

あの映像は私の心の中にずっと残っています。

命を頂き生きている以上、大切に全てを頂く事が私に出来る事なのでは?と。


下線の文

| ひらベラ | 2011/11/03 18:39 | URL |

Re: フカヒレの事

ひらベラ様

おはようございます。

本当に、本当に難しい問題だと思います。

私も以前は、感謝して食べれば良いと思っていましたが、
ある人に
「動物は感謝なんか望んで無いやろ。
 感謝なんかいらんから殺さんとってくれって思うやろ」
と言われてしまいました。
その通りだと思いました。

一応人間も、食物連鎖の中に組み込まれているので、
食べる事自体が悪いのでは無いとも思えます。

肉は食べないにしても、
魚は良いのか?野菜は良いのか?
いつもこの矛盾に悩みます。

昔の人間は、自然に生きている牛豚鳥魚野菜を糧に生きていましたが、
今の人間は、殺す前提で増やした牛豚鳥魚野菜を糧に生きています。

この時点で、人間は食物連鎖から外れ、命を敬う事を忘れ始めたのでは
ないかと考えています。食物連鎖から外れた以上、全ての殺しが人間の
身勝手な行為となると。

そして、結局人間の存在自体が悪いのか?となってしまいます。

でも、何か食べないと人間も生きて行けませんので、
肉となる動物にだけではなく、魚にも野菜にも感謝して頂きます。

感謝するとは「ありがとう」と思うだけでは無く、
(感謝していれば)食べ過ぎない、残さないにも繋がると思います。

そして殺し過ぎないにも...

命に対して感謝があれば、フォアグラのガチョウや、フカヒレのサメの
ような事が出来ないと思います。

すいません。
やっぱり矛盾してますよね。

| ぐーパパ | 2011/11/04 05:24 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/838-81ced41d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。