PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[報道] 「猫の島」脚光、小倉北・藍島に野良300匹

YOMIURI ONLINE 2011年12月06日
 http://kyushu.yomiuri.co.jp/nature/animalia/20111207-OYS8T00183.htm

 小倉北区の小さい離島・藍島あいのしまが、「猫の島」として有名になりつつある。あちこちでたむろする野良猫は、推定で島民の人数と同じ300匹程度で、これまでで最多とみられる。「島の活性化につながる」と“猫効果”に期待する声がある一方で、家を荒らされるなどの被害に悩む人もおり、猫たちはにわかに注目を集めている。

 藍島は周囲約13キロ、面積約0・68平方キロ。市役所から北西約13キロの響灘にあり、市営渡船が約40分で陸側と結ぶ。島民の約9割が漁業に従事している。

 「島の猫は人懐っこくてかわいい」。西南女学院大3年加藤栄美子さん(21)は、デジタルカメラを手に猫の撮影に夢中だった。「猫の島」を取り上げた情報誌を見て、初めて島にやってきた。

 小倉北区役所は2008年、観光ガイドで猫の特集を組んだ。「黒のハート模様が特徴」「エリザベス女王のような気品」などの特徴や居場所をまとめた猫マップも掲載した。

 島の知名度は急上昇し、観光客も増えている。市営渡船「こくら丸」船長の上村幸洋さん(48)は「猫を撮影するために、カメラを持って渡る人が多くなった」と話す。

 シロと名付けた野良猫に餌をやっている島民は「活気がある漁港には猫がいる。猫が増えるのはいいこと」と歓迎する。区役所は「多くの観光客が訪れて食事や宿泊をすれば活性化につながる」と期待する。

 なぜ、多いのか。猫の生態に詳しい北九州市立いのちのたび博物館の学芸員・山根明弘さん(45)は「日本では昔から、漁船に穴をあけるネズミを捕獲する猫を大事にしてきた」と繁殖した背景を推測する。

 区役所によると、約400年前、漁業をするため初めて島に人が住みついたという。しかし、猫の由来は不明だ。繁殖しすぎたため、1970年代に一斉に捕獲したことがあったが、すぐに増え始めたという。

 猫たちは、漁業者からは魚、観光客からは菓子類をもらうなど、食べ物には不自由せず、車が少なくひかれる心配もない。繁殖しやすい環境が整っている。

 弊害も出ている。藍島小5年中村太一君(10)は友達と遊んでいる時に靴をかまれ、「いきなりで痛かった」。ある島民は「家の中から食べ物を盗むし、排せつ物は臭い。いなくなってほしい」と毛嫌いする。菓子を持った島民や観光客に飛びかかることもあるという。

 ある男性は「島民にとって猫は島の一部で、島も猫もこのままの姿でいいと思う」と語り、島民と猫の共存共栄が望ましいとしている。



最後に「島も猫もこのままの姿でいいと思う」って書いてありますが、
本当にこのままでいいのでしょうか?

田代島のように、神として祭られているわけでもないし、
既に一度一斉捕獲が行われている事を考えると、
また、不幸になる猫たちが増えることにならないでしょうか?




ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


全ての生命を尊ぶ会の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年10月21日A-12011年11月05日C-1
2011年09月05日A-12011年09月19日A-22011年09月19日A-22011年11月10日A-2
2011年10月24日A-22011年10月24日B-12011年11月17日C-1


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

京都市家庭動物相談所(MIX 1)京都市家庭動物相談所(ねこ 03)C009C010
D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D008 京都市家庭動物相談所(MIX)D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D013 京都市家庭動物相談所(キャバリア)
D012 京都市家庭動物相談所(シーズー)C013 京都市家庭動物相談所  


動物愛護センター(保健所)より。
翌朝にはもうこの世にいないかもしれない犬たちの最後の叫び。

犬 殺処分



クリックする事で募金が出来ます。
(サイト内の「ワンクリ募金をする」バナーをクリックして下さい)
募金はサイト運営者又はスポンサー企業が行いますので、クリック側に課金は発生しません。
(初クリックの場合は、サイトを良く見て頂き、サイトの趣旨に賛同して頂ける方のみクリックをお願いします)

1 Click Animalsへ






関連記事

| 報道 | 01:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/896-0466c911

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。