PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[しっぽの気持ち] 愛する誰かに寄り添って=渡辺眞子

2011年12月27日

http://mainichi.jp/life/housing/news/20111227ddm013070017000c.html

 都心のホテルで開かれた年末のパーティに、数頭の介助犬が車椅子に寄り添って参加した。会場では子どもにも穏やかに接し、ユーザーさんの食事中は静かに寝そべりながらも、車椅子が動く気配を察するやハッと顔を上げる。輝く瞳は真剣そのものだ。

 その帰り道、師走の夜気の中に、駅でお父さんを迎える家族と犬の姿があった。犬はまるで数年ぶりみたいに、お父さんに会えた喜びを全身で訴えていた。

 犬が家族に向ける視線。家族が犬に注ぐまなざし。そこにこめられた気持ちに、飼い主もユーザーも、ペットも働く犬も変わりはない。人と犬は会話こそ交わせないけれど、たしかに通じ合っている。理解し合っている。犬に限らず長くともに暮らした動物たちとは、きっと同様の関係を結ぶことができるのだろうと思う。彼らとのつながりを表現しようとするとき、「愛」以上にしっくりする言葉を私は知らない。

 今年1年の世相を表す漢字は、大方の予想通り「絆」だった。東日本大震災を経験した私たちが深い絆を求めるのは、ごく自然なことだろう。自分の生を、存在意味を確認するためにも、たしかな絆が欲しい。

 人と人との関係が稀薄(きはく)になった現代社会においては、動物たちがその役割を担う場合が少なくない。自然災害や家庭の事情などで大切な相手との別れを経た人々が、ぬくもりを感じさせる生き物の存在にどれほど慰められ、支えられていることか。

 私は子どものころ、両親ともに多忙なため帰宅しても独りで過ごす日が多かった。でも、誰もいなくても、犬だけは必ず隣にいてくれた。あの介助犬のように。駅でお父さんを待つ犬のように。

 そんな1頭が今日も世界中で、愛する誰かと一緒に生きている。その幸福の向こうにいる、愛する誰かを失った人と動物たちの悼みや悲しみや喜びを共有して、一緒に生きてゆきたい。

 車の窓から振り返って見ると、先ほどの犬と家族らの後ろ姿が街灯にまるく照らされていた。ふさふさした金色のしっぽが左右に大きく、幸せそうに揺れていた。(作家)



ランキングに参加しています。
少しでも多くの方に動物たちの現状をお伝えしたいので、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村

全ての生命を尊ぶ会の里親募集中の子たちです。
里親様、一時預かり様を募集しています。
詳細は写真をクリックして下さい。

2011年09月15日A-12011年09月15日B-12011年09月19日A-22011年10月16日A-1
2011年10月21日A-12011年10月24日A-22011年10月24日B-1D20111227-01


京都市家庭動物相談所の里親募集情報です。
詳細は写真をクリックして下さい。

D007 京都市家庭動物相談所(チャイニーズクレステッドドッグ)D008 京都市家庭動物相談所(MIX)D009 京都市家庭動物相談所(MIX)D012 京都市家庭動物相談所(シーズー)
D013 京都市家庭動物相談所(キャバリア)D003-2 京都市家庭動物相談所(MIX 1)C014 京都市家庭動物相談所C015 京都市家庭動物相談所
D014 京都市家庭動物相談所   
関連記事

| しっぽの気持ち | 00:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011/12/30 22:07 | |

Re: 全命尊のブログ順次公開

鍵コメ様

こんばんは
ご無沙汰しております

記事を小出しにする件、了解しました。

> 工事中ということで、注釈をつけての公開となりますので
> お願いしている作業は、手の空いたときでよいです

すいません。出来るだけ早く着手したいと思っています。

> 今年も残すところ後一日ですね
> 少しは、ワンニャンのために行動できたかなと振り返っております
> 最近寒くなりました。体には気を付けてください
> それでは、良いお年

そうですね。
私も少しはワンニャンの為の行動が出来たと思います。
そして来年も頑張りたいと思っています。

良いお年を~。

| ぐーパパ | 2011/12/31 03:34 | URL |

こんばんは。

何だかお久しぶりです。
いつも貴重な記事 読ませて頂いているのですが
ご無沙汰しておりました。

動物が好きな人にとってはかけがえのない存在で
会話が無いからこそ大切思い合えるのでしょう。

今年は命についてこれほど考えた年はないくらい
身の回りが一変しました。
いい意味での一変なので今後も継続して
活動していこうと思っています。

来年もどうぞ宜しくお願いします。
良い新年をお迎えください。

| kinnogoma | 2011/12/31 22:06 | URL |

Re: タイトルなし

kinnogoma様

こんばんは。

24日にコメントを頂いていますので、
それ程お久しぶりではないのですが、
お久しぶりって思えるくらい頻繁に
コメントを下さっているって事ですね。
本当にいつも有難うございます。

全くその通りだと思います。
会話が無いからこそ、相手が何を言いたいのかを汲み取ろうとします。
相手を大切に思っていないと出来ない事ですね。
会話の出来る人間同士も、言葉に惑わされずに思い合えれば、
もっと諍いも減るんでしょうね。

私も継続して活動して行きます。
2012年も、どうぞ宜しくお願いします。

| ぐーパパ | 2012/01/01 00:31 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/914-f8152a05

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。