PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[転載] 拡散希望 民間団体による被災ペットの保護を目的とした福島第一原子力発電所にかかる警戒区域内への立入り」再開を求める要望書

人と動物、自然のひとこま 様からの転載です。

 元記事:http://niziironosoranoyume.blog137.fc2.com/blog-entry-276.html


以下転載


LYSTA1さんのブログからです。。重たい記事ばかりになり、ごめんなさいね
http://lystoanimals.blog.fc2.com/blog-entry-79.html

私、LYSTAも、12月の黄色いリボン立ち入り許可では一般社団法人アニマルエイドの
レスキュー隊として参加をさせていただきました。
※動物保護立ち入り許可該当車両には、黄色いリボンをつける義務があったため「黄色いリボン」と呼んでいます。
20km圏内には、まだまだ多くのペットたちがとりのこされており、餓死、凍死、病死、事故死、と生存をかけた戦いが続けられています。
春の繁殖の時期になれば、再び悲劇が連鎖されてしまうことになるでしょう。
一刻も早い、継続的な救助活動が求められます。

ご賛同をいただける方にはご署名をお願いしたく、よろしくお願いいたします。
大至急、要望書の提出が必要です。
緊急拡散希望

記入済み署名用紙の受付期限は、ご署名の集まり具合によりますが、とりあえずの期限を設けさせていただき、
1月22日(日)着でお願い致します。
記入済み署名用紙の受付を延長する際や、提出日に関しましては、追ってお知らせ致します。

また、署名用紙のダウンロードが困難な方、いらっしゃいましたら、非公開コメントにてFAX番号をお知らせくださいませ。
(FAX送信まで少々お時間をいただきます)
記入済み署名用紙の送付は、郵送でお願い致します。

↓こちらからダウンロードできます。
「民間団体による被災ペットの保護を目的とした福島第一原子力発電所にかかる警戒区域内への立ち入り」再開を求める要望書

【要望書全文】
内閣総理大臣 野田佳彦 殿
経済産業大臣 枝野幸男 殿
環境大臣   細野豪志 殿
農林水産大臣 鹿野道彦 殿
福島県知事  佐藤雄平 殿

平成   年  月  日
平成23年12月に実施されました表記保護活動は、犬猫合わせて約330頭の保護に成功し、一定の成果をおさめましたが、いまだ福島第一原発20km圏内には、多数の動物が取り残されたままとなっています。その数は、猫5,000頭、犬300頭とも言われており、春の繁殖時期を迎える前に保護を完了させることが求められます。

 数千頭に及ぶ犬猫が人間の管理を離れた状態で繁殖期を迎えてしまえば、圏内の動物の数は爆発的に増大してしまうでしょう。しかもそれらの動物は法的に保護される「愛護動物」であり、さらに所有者が存在する親から生まれたと推定される限りにおいて、憲法が保証する国民の財産権の対象でもありますから、国はそれらの動物も保護していく責務を負っていくことになります。そうなる前に全ての動物の保護を完了し尽くすことが必要です。

 また、愛犬愛猫を20km圏内に残してきてしまった避難者の皆様の中には、表記保護活動を知らず、保護を依頼する機会が得られなかった人も少なくないと思われます。満足な説明もないまますぐに帰宅できると信じて愛犬愛猫を圏内に残してきてしまった人々のお気持ちを思う時、せめて保護活動に関する広報くらいは周知に周知を重ねていく配慮が必要ですし、保護の依頼も長期間に渡って受け付け続けていくことが必要です。

 繁殖によるさらなる悲劇の連鎖を防ぐためにも、避難者の皆様への配慮の見地からも、「民間団体による被災ペットの保護を目的とした福島第一原子力発電所にかかる警戒区域内への立入り」の再開と長期的な継続を、私達はここに強く求めます。

以上

※ 記入にはボールペンなどご利用ください。鉛筆は不可です。
※ 氏名が自筆でない場合は押印をお願いします。
※ ご記入いただきました個人情報は署名提出以外の目的には絶対に使用しない事をお約束致します。


【記入済署名用紙送付先】〒970-0101
福島県いわき市平下神谷字堤原148-2
LYSTA~動物たちに光と再生を。鈴木理絵

転載ここまで


立ち入り禁止発令からこれまで、

国関係のグループで救出が行われたり、
獣医師メンバーでの救出が行われたり

しましたが、どれもパッとしない結果でした。
(救出に入られた方は頑張って下さったと思います)

しかし、この度の民間グループでの救出では、
震災当初よりも難しい状況でありながら、
かなりの成果がありました。

まだまだ区域内に残る動物たちを救う為に、
再度の民間グループでの救出活動が必要です。

その為の「警戒区域内への立ち入り再開を求める嘆願」に
ご協力頂けないでしょうか。


よろしくお願い致します。
関連記事

| 他サイト転載 | 06:04 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

止めてください。

止めてください。
理由はこれです。
http://www.kahoku.co.jp/news/2012/08/20120827t65011.htm

>ペット野生化、住宅荒らす 福島・警戒区域
>福島第1原発事故で警戒区域に指定された福島県双葉郡の町村で、野生化したペットが無人の住宅に入り込んで荒らす被害が相次いでいる。首都圏などの動物愛護グループがペットフードをまいて動物を集め、室内荒らしを助長させているという。福島県警は「善意とはいえ、被害を拡大させるだけでなく、違法行為の可能性がある」と自制を促している。
>「台所の食品庫の食料が食い散らかされた」「家中ふんだらけだ」
>双葉郡8町村を所管する双葉署には昨年4月の警戒区域の指定後、住民から苦情が寄せられている。避難先から一時帰宅して惨状を目の当たりにし、通報するという。
>「侵入者」は家に取り残されて野生化した犬、猫のペットのほか、野放しになった豚などの家畜。家に残された食料の臭いを嗅ぎ付け、家屋の破損箇所から入り込む。
>食料が腐敗していてもお構いなしで、冷蔵庫を開けたり、炊飯器を倒したりして食い荒らす。小麦粉の袋を食いちぎって中身をむさぼることもある。ふんをして悪臭のもとにもなっている。
>同署の話では、動物愛護グループが警戒区域に入って動物に餌を与え、被害拡大を招いている。町村を通じて国から公益立ち入りの許可を得て、車にペットフードを詰め込み、検問所を通る。
>住宅の敷地に入り、窓ガラスの破れた所などからフードを投入する。庭先にまくこともあるが、「動物が雨風をしのげる」と室内に投げ込む例もあるという。結果的に動物を呼び込み、室内荒らしを助長している。
>グループのメンバーは検問所通過の際、「動物がかわいそうで餌をやりにきた」と善意を強調する。立ち入り許可証を持っていて、警察も制止しにくいという。
>災害対策基本法では、動物に餌を与える行為は公益立ち入りの対象に入っていない。グループは主に「支援物資の配給」を名目に許可証の交付を申請しているが、実際の行為が名目と異なる違法申請の可能性がある。家主に無断で住宅に入れば住居侵入罪にも当たる。
 
こんな事態になっている以上、どんなに残されたペットが可哀想でも、立ち入り禁止区域への立ち入りは自粛して下さい。

どうして避難区域が立ち入り禁止になっているのか。
放射性物質が拡散して危険だからだけでなく、避難している被災者の財産保全もあるからです。
こういう災害地域になれば、必ず「火事場泥棒」的な犯罪者が必ず出ます。そういう奴らから被災者の財産を守るためにも立ち入りは制限されて然るべきです。

そういう事も理解せずに「可哀想な動物たちを餓死させようとしてる」と言い張っても、誰も理解しません。

| ひぐま | 2012/09/01 18:35 | URL | ≫ EDIT

Re: 止めてください。

> ひぐま様

お久しぶりです。
コメント有難うございます。

八幡平のクマたちの時には色々教えて下さって有難うございました。

今回教えて下さった記事は私も知っています。

私は避難区域で保護活動を行っている人間ではありませんので、その活動を行っている方達が発信している情報でしか知りませんが、その範囲で見て、この報道内容が偏った視点でしか見ていないものだと思っています。

この報道記事は動物を守ろうとする側を一方的に非難して、根本原因については全く触れられていません。

どうしてこんな状態に陥っているのですか?

圏内に入って活動している人達がどれだけ心と体を痛めながら活動されているのかご存知なのでしょうか?
それを本当に好きでやっていると思っているのですか?

どうして避難区域が立ち入り禁止になっているか?
何の調査もなく円状に設定され、長い間範囲が変更されなかった避難区域で、線量も高くないのに迷惑を被った被災地の方もたくさん居たでしょうね。

被災者の財産保全は良く解ります。絶対守られるべきものだと思います。

では、何故同じく財産であるはずのペット達は置き去りにされたんでしょうね。
動物愛護法で定められている、守られるべき動物達は何故見殺しにされたんでしょうね。

たくさんの人から国で保護して欲しいと意見があったはずですが、どうしていつまでたってもパフォーマンス目的の保護以外を行わないのでしょう。

東電の責任と国の責任には全く触れず、動物の保護活動を行っている人達だけが悪いように書かれている記事を本当に公平な記事だと言えますか?

悲しいかな動物愛護を語る悪人も居ます。
でも、一部の悪人を前面に出して、皆悪いみたいに言うのは、本当に頑張っている人間に対して失礼ですし乱暴だと思います。

圏内から動物の保護活動を行っている人達を締め出した所で、最初から泥棒目的の人間は変わらず圏内に入るでしょう。

私には、この記事が何らかの目的を持って意図的に書かれたもの、又は経緯を何も知らない動物に全く関心が無い人間が通り一遍等の事を書いただけの記事にしか見えません。

圏内で保護活動を行っている人たちも、国が見捨てた「飼い主にとっての財産」を守る為に頑張っている人たちです。



今、私はくろちゃんの事で心が不安定になっています。
きつい言い方になっているかも知れませんので、先にお詫びしておきます。

もし気分を害されたようでしたら、申し訳ありませんでした。

| ぐーパパ | 2012/09/03 00:36 | URL |

>ぐーパパ様。
レス、有り難うございます。
別に気分害してませんのでご安心を。
ただ、少々呆れましたが…。

意地悪い言い方になりますが「お仲間のやってる事棚上げして、何をブータレこいてんだよ!」としか思えないです。

記事読む限りでは、確かに動物愛護団体や活動家にとっては都合の悪い内容ですよね。
ですが、特定の立場の人達にとって100%都合のいいこと書いてくれるマスコミなんかいませんよ。場合によってはもっと辛辣な事書かれる立場の人達だっていますし。
厳しい事書かれた程度で「偏ってる」だの「一方的」だの「公平でない」だの、殆どお子ちゃまの文句でしかありません。

>この報道記事は動物を守ろうとする側を一方的に非難して、根本原因については全く触れられていません。
>東電の責任と国の責任には全く触れず、動物の保護活動を行っている人達だけが悪いように書かれている記事を本当に公平な記事だと言えますか?

論点すり替えだって事、気づきません?
紙面レイアウト上の文字数に制限のある新聞記事で、一つの記事にあれもこれも何でも書き込めると思いますか。
記事のテーマや焦点にそぐわない内容なんか盛り込めないんです。

>圏内に入って活動している人達がどれだけ心と体を痛めながら活動されているのかご存知なのでしょうか?
>それを本当に好きでやっていると思っているのですか?

だから何なの?
自らの意志でしてる事は事実でしょう。自らの意志で行われた事には責任が伴います。
記事に書かれているような違法行為には目をつむれって事ですか?

>一部の悪人を前面に出して、皆悪いみたいに言うのは、本当に頑張っている人間に対して失礼ですし乱暴だと思います。

確かに一部の不心得者の愚行により、同じ立場の人達が同一視されるのは辛いでしょう。だけど「 皆悪いみたいに言うのは、」という類の泣き言は通らないし、信用回復には結びつきませんよ。こういうバカげた行いをする者達に対して怒りを向けず、新聞記事に不平不満を並べたてる。これが、如何にあなた方の信頼を失わせるか、こういう輩を庇ってると見られるか、想像出来ませんか?

かなりきつい事書きましたが、この記事に対する不平不満については支持しません。

| ひぐま | 2012/09/04 18:17 | URL | ≫ EDIT

えぇっ!?

ひぐま(というアンチ動物愛誤)さんへ、おくればせながらあなたへ私の見解などを。

>災害対策基本法では、動物に餌を与える行為は公益立ち入りの対象に入っていない。グループは主に「支援物資の配給」を名目に許可証の交付を申請しているが、実際の行為が名目と異なる違法申請の可能性がある。家主に無断で住宅に入れば住居侵入罪にも当たる。

これぞ諸悪の根源、この度の震災で家畜やペットに関する法の不備が浮かび上がった。これは中央政界の議員も認めている。で、現状では「対象には入っていない」がどうにかしなければならないという被災者を含めた世論の高まりの中で、やむなく名目と異なる申請をして活動する者もいる。
ではあなたは待ち続けたら、何か良い知らせがあるというのですか? 行政は家畜に石鹸水を飲み込ませて殺す以外に何かしてくれるのでしょうかね。

>こんな事態になっている以上、どんなに残されたペットが可哀想でも、立ち入り禁止区域への立ち入りは自粛して下さい。

あなたは誰の立場で物を云っているのですか。少なくとも住民の立場なんかではなさそうですが。
住民の中にはペットを置いてきてしまった、家畜が気掛かりだ、と罪悪感に駆られている方々もおられます。そういう方々は「身勝手な考え」で「みんなが苦しいんだから我慢しろ」とでも仰りたいんですかね。

| tunafishermann | 2012/09/15 12:01 | URL | ≫ EDIT

えぇっ!? 続き。

>どうして避難区域が立ち入り禁止になっているのか。
放射性物質が拡散して危険だからだけでなく、避難している被災者の財産保全もあるからです。
>こういう災害地域になれば、必ず「火事場泥棒」的な犯罪者が必ず出ます。そういう奴らから被災者の財産を守るためにも立ち入りは制限されて然るべきです。

取って付けた物言いだね(笑)。あの街で起こっている(動物関連を含めた)出来事をリアルタイムに知るには、常に誰がしかが入っているべきです。公安からダメだしされたり、火事場泥棒かと疑われたから何だと云うんですかね。公益秩序の美句の下で見ぬふりをされているのは、「被災地域は略奪や暴力行為も無い」というメディアの報道とは裏腹の家荒らし頻繁、だけでは無い筈だが。(後にメディアも「潜入」し、ショッキングな事実を暴いた。)
あなたは誰の為の、何を何から守ろうと意図して発言されているのでしょうね。本当に疑います(笑) 「愛誤」を叩きたい、ただそれだけならスルーするだけですが(笑)

>そういう事も理解せずに「可哀想な動物たちを餓死させようとしてる」と言い張っても、誰も理解しません。

よって、ペットや家畜の事が気掛かりだと云う住人に対しても、他の(この問題に関心が無い)住人に配慮して黙っていろ、また他地域の人は被災地域の事に口を挟むな、と申すのですね。
これまで私は「公益」の名の元に愛護活動の足を引っ張るアンチを見てきましたが、ひぐまよ、お前もか(笑)

>論点すり替えだって事、気づきません?
紙面レイアウト上の文字数に制限のある新聞記事で、一つの記事にあれもこれも何でも書き込めると思いますか。
記事のテーマや焦点にそぐわない内容なんか盛り込めないんです。

私の考えは少し違います。
リンクを読む限り、まるで双葉郡の住人は汚染地に近々「行政と東電」から赦しを得て帰ってくるので、財産を野生化したペットや家畜に荒らされては困る、などと云う呑気なニュースにしか読めない。この記者は近視眼なのか(笑)
この事態は誰が招いたものか。日本国内に居ながらにして、日本国民が無断で立ち入れない(原発施設や自衛隊駐屯地、ましてや竹島や尖閣ならいざ知らず…)場所を作り、またそれをまるで見られたくないかのごとくガードしているのは誰かしらね。

| tunafishermann | 2012/09/15 12:05 | URL | ≫ EDIT

えぇっ!? 続きの続き。

あの事故、いや人災すら無ければこんな事にはならなかっただろうけど。
私はブログ主と同じく、あなたもこの記者同様(現地の実情がどうあれ)焦点がズレてると感じていますから。

>だから何なの?
自らの意志でしてる事は事実でしょう。自らの意志で行われた事には責任が伴います。
記事に書かれているような違法行為には目をつむれって事ですか?

現にそんなにこの「違法行為」が大層な事件ならば、今頃逮捕者が出ている筈。
でも黙認。何でだろ~ね(笑)
糞東電や原発を誘致した福島県、それに原発を基幹エネルギー政策に推した国。いずれも有権者に叩かれるのが必然的に怖いからよ。
そもそも動物に給餌する事自体は違法ではないし、民間の力で被災動物(ここでは家畜とペット=愛護動物)を救う事は、本来なら先手を打つべき相手がコレなので、黙認が然るべきかと思いますよ。

PS ブログ主同様に「被災地の動物救護活動」が全くの無問題だとはいいませんよ、念の為。

| tunafishermann | 2012/09/15 12:17 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/944-797a1dde

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。