FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ごめんね、プール 福岡県宮若市・奥岳料子(62歳)

毎日新聞 2010年10月2日

 柴(しば)犬とビーグルの混合種の子犬を飼って9年が過ぎた。夏だったので娘がプールと名付けた。1年目に除睾(じょこう)手術をしてホルモンのバランスを崩したのか、少し大きくなりすぎたが、奥ゆかしい犬である。

 餌をやってもガツガツしない。ヨーグルトを食べていると横で正座をしている。よだれが床にいっぱい。欲しくてたまらないのにじっとがまんしている。

 ストーブをつけると一等席に陣取る。夜は寒いだろうと毛布を掛けてやる。出かける時も帰宅した時も必ず声をかける。安心した時は大きく深呼吸して目で話しかけてくれる。

 今春から娘一家と同居することになり、愛犬共々居候した。今まで家の中でのんびりしていたのが、外につながれて可哀そうでならなかった。今夏の猛暑は時間ごとに日陰に移してやり何とか乗り切った。少し涼しくなると今度は寒くなる冬の日を案じた。

 娘婿の転勤で年内に引っ越すことになり、犬とも別れねばならなくなった。白髪が少し目立ち始めたが、まだまだ元気。散歩のたび背中を見ながら涙が出る。引き取り手のない犬の里親を探していると聞くと、見つかりますようにといつも祈ってきた。今は自分がその立場で苦しんでいる。

 食べ残しが出ると、きっと犬を思い出すだろう。最後まで一緒と信じていたのに、裏切ろうとしている私に、今日もプールはしっぽを振って甘えてくる。
関連記事

| 報道 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://animalexp0711.blog135.fc2.com/tb.php/98-a5d3db25

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT